サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「アーモンドアイは『超』女傑だ」

サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「アーモンドアイは『超』女傑だ」

 今年で38回目を迎えるジャパンカップ。第1回目から取材している記者にとっては、国際競走としての重みがすっかり消え去ってしまった感がして、年々、興味が削がれてきている。

 これは外国招待馬の質の低下に起因していることが大きいと思われるが、欧州の最高峰・凱旋門賞のあとにブリーダーズC(ターフ)があり、12月には香港で国際競走が大々的に行われては、その狭間にあるJCが色あせてくるのは、半ばやむをえないことなのかもしれない。顎足付きの招待で、1着賞金3億円であっても、前述した国際レースの格の違いから、わざわざ極東の地への遠征は、はばかられることだろう。

 JCで外国馬が連に絡んだのは、05年に勝利したアルカセット以降、12年間もとだえている。外国の一流どころがJCを軽んじていることは明らかだろう。

 そもそもは、日本馬の質が大きく向上したことに起因している。迎え撃つ日本馬には地の利があるうえに強さも上とあっては、リスクが大きい遠征をためらうのは当然だ。

 であれば、JCを根本的に見直すべき時期にきているのではなかろうか。招待競走にせず、1着賞金を5億円以上にアップさせて、「格」を見せつけるべきなのだ。毎年、日本馬が凱旋門賞に挑戦しているが、JCも欧米馬が標榜し、憧れるGI戦にすべく努力して、グレードアップする必要があるはずだ。

 案の定と言うべきか、今年も外国馬の登録は2頭。善戦はあっても、つけいる隙はなさそうである。


あわせて読みたい

気になるキーワード

アサ芸プラスの記事をもっと見る 2018年11月22日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「レイデオロ」のニュース

次に読みたい関連記事「レイデオロ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「シュヴァルグラン」のニュース

次に読みたい関連記事「シュヴァルグラン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ワグネリアン」のニュース

次に読みたい関連記事「ワグネリアン」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。