ジミー大西の“失神完走”にマラソン愛好者から非難ごうごう!

ジミー大西の“失神完走”にマラソン愛好者から非難ごうごう!

 タレントのジミー大西が11月25日、第8回大阪マラソンを6時間51分26秒で完走した。同大会は制限時間が7時間で、収容関門閉鎖時刻を基にした速度で走る「収容通告車」に追い越されたランナーはその場で競争中止となるため、ジミーはぎりぎりの成績で完走を果たしたことになる。

 そのジミーはゴール後に「途中、2回倒れた」と告白。20キロ付近と残り2~3キロのあたりで気を失ったとのことで、厳しいレースとなった模様だ。そんなジミーの走りについてスポーツライターが指摘する。

「マラソンとは縁のなさそうなジミーですが、実は“アンバサダー”として大阪マラソンを走るのはこれが3回目。初マラソンだった3年前は5時間35分22秒、そして昨年は6時間14分22秒で完走しており、回を重ねるたびに遅くなっています。初出場時は13キロ、そして前回は17キロ減量しての挑戦でしたが、今回は公開練習もなく、減量したとの情報も伝わっていないので、これまでで最もコンディションが悪かった可能性も考えられます」

 今回の結果について、マラソン愛好家から「倒れたのに走らせ続けたとは信じられない」「事故が起こったらどうするつもりだったのか」といった非難が続出。中には「アンバサダーだから無理やり走らせたのか?」という疑問の声もあがっている。

「大阪マラソンには今回も吉本芸人が多数参加しています。ブラックマヨネーズの小杉竜一は119キロの体重を10キロ減量しての挑戦でしたが、30.6キロ地点で時間制限によりあえなくリタイア。そしてジミーもリタイアぎりぎりでの完走となりました。こういった挑戦をやたらと美談に仕立て上げる風潮もありますが、マラソンは国内大会で20年間に127名が心肺停止に陥ったという肉体的負担の大きな競技。実際、芸能人でも、09年の東京マラソンで松村邦洋が心肺停止に陥った例もあります。今回の大阪マラソンでは12件の救急搬送と1件のAED使用があり、小杉やジミーが大事にならなかったのは、『運が良かっただけ』とさえ言えるのです。芸人の参加をやめろとまでは言いませんが、早めのリタイアや、倒れたら競技を中止させるといった措置は必要でしょう。いざ事故が起こってからでは遅すぎるのです」(前出・スポーツライター)

 現在のペースでは来年、ジミーが時間制限に引っ掛かる可能性も高い。本人は大阪万博が開催される2025年までのマラソン引退も口にしていたが、もっと早い時期での決断も求められるのではないだろうか。

(金田麻有)

あわせて読みたい

気になるキーワード

アサ芸プラスの記事をもっと見る 2018年11月28日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「真野恵里菜」のニュース

次に読みたい関連記事「真野恵里菜」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「今田耕司」のニュース

次に読みたい関連記事「今田耕司」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「石原良純」のニュース

次に読みたい関連記事「石原良純」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。