「細かすぎモノマネ」大成功の裏で心配される“とんねるずの解散危機”

「細かすぎモノマネ」大成功の裏で心配される“とんねるずの解散危機”
拡大する(全1枚)

 11月24日に放送されたバラエティ番組「ザ・細かすぎて伝わらないモノマネ」(フジテレビ系)の視聴率が、10.4%だったことがわかった。今回の記録は、同局のバラエティ番組の中でも高い数字だという。

「フジのバラエティは現在、『スマスマ』枠で始まった所ジョージの新番組『新説!所JAPAN』が、一時、視聴率3%を記録する大爆死。またゴールデンの新番組も『芸能人が本気で考えた!ドッキリGP』『超逆境クイズバトル!! 99人の壁』『坂上どうぶつ王国』などがすべて5%台を記録するなど、壊滅的な状況にあります。そんな中、今回の『細かすぎモノマネ』は倍以上の視聴率を叩き出したわけですから、今後も特番として放送される可能性は高いでしょう」(テレビ誌記者)

 番組の最後、石橋は「11月がこんなに盛り上がったんで、ぜひ次回は12月で」と語り、すぐにでも続編を収録したいという意欲を見せた。また、視聴者からも、「とんねるずのみなさんのおかげでした」時代の人気企画「2億4千万のものまねメドレー選手権」や、芸能人を落とし穴に落とす「全落・水落シリーズ」の復活を望む声が殺到している。

 だが、もしもそれらの企画が復活したとしても、木梨憲武は出演しない可能性が高いという。

「11月20日発売の『女性自身』によると、今回の『細かすぎモノマネ』の特番に対し、木梨は『なんで終わったばかりの番組をすぐに復活させるの?』と言い、出演を拒否したそうです。それでもフジは交渉を続けたそうですが、交渉は決裂し、石橋も『もういいよ。放っておけ』とサジを投げたのだとか。そのため、もし落とし穴企画が復活したとしても、引っかかった芸能人に木梨がインタビューしに行くというお決まりの流れは見られない可能性があります」(前出・テレビ誌記者)

 現在はアーティスト活動に力を入れている木梨。このまま、とんねるずが解散ということにならなければいいのだが。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「とんねるず」に関する記事

「とんねるず」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「とんねるず」の記事

次に読みたい「とんねるず」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク