秋津壽男“どっち?”の健康学「睡眠不足も寝すぎも健康には悪影響を及ぼす。適度な睡眠時間と良質な睡眠を得るには?」

秋津壽男“どっち?”の健康学「睡眠不足も寝すぎも健康には悪影響を及ぼす。適度な睡眠時間と良質な睡眠を得るには?」

 睡眠時間は人によって大きく異なるものです。ある研究によると、平均睡眠時間が7時間前後だと平均寿命も長くなり、これより短くても長くても平均寿命は短くなるとの報告があります。特に男性は職場環境によって睡眠時間を短くせざるをえないこともあるでしょう。とはいえ、1日4時間で健康を保っているショートスリーパーもおり、それは「上手に寝ている」と言えるでしょう。

 健康は睡眠習慣が規則正しいかどうかで保たれていきますが、ここで問題です。睡眠不足と寝すぎは、どちらがより不健康でしょうか。

 睡眠不足にも寝すぎにも共通するのが、うつ病などの「精神疾患」と「生活習慣病」のリスクです。睡眠不足だと昼間に眠くなり活力を低下させますが、寝すぎも頭をボーッとさせて同じようにパフォーマンスは低くなります。また、睡眠時間が短いと高血圧になりやすく、長いと体重が増加して糖尿病になりやすいとの報告もあります。

 いずれにせよ、睡眠障害は怖いことに変わりはありませんが、毎日9時間以上眠ると、さらに脳の機能低下を招くことがわかっています。アメリカの研究で、睡眠時間が9時間以上の高齢者認知症やアルツハイマーになりやすいとの報告があり、睡眠時間が長いほど日常生活の実行機能が不足し、習慣づくとさらに危険だとしています。

 そう考えますと、やはり寝すぎのほうが健康リスクは高いと言えます。睡眠時間が4時間で頭がスッキリする人は、9時間以上寝てボーッとしている人より、よほど健康的なのです。


あわせて読みたい

気になるキーワード

アサ芸プラスの記事をもっと見る 2018年12月10日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「アンチエイジング」のニュース

次に読みたい関連記事「アンチエイジング」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「睡眠」のニュース

次に読みたい関連記事「睡眠」のニュースをもっと見る

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。