秋津壽男“どっち?”の健康学「健康維持の分かれ道となる50代と60代。塩分、酒、タバコなど生活習慣の意識的改善を」

秋津壽男“どっち?”の健康学「健康維持の分かれ道となる50代と60代。塩分、酒、タバコなど生活習慣の意識的改善を」
拡大する(全1枚)

 若い頃に比べて、衰えてくるのが「体力」です。「昔は徹夜も平気だったし、酒もたくさん飲めたのに」などと嘆くのも、40代以降の中年の本音でしょう。その一方で、人生で培ったさまざまな経験により、生き方に余裕が持てるのが中高年世代です。いい時も悪い時もある、と前向きに考えることも健康維持のコツとも言えます。

 さらに言えば、中年にさしかかったら、食生活を中心に生活スタイルの改善を考えなければいけません。ここで問題です。50代と60代を比較して、ライフスタイルを見直すべき年代はどちらでしょうか。

 50代と60代で大きく違うのは「職場での立ち位置」です。50代はリタイア前の「社会のリーダー」であり、金銭的にも余裕が出てきています。食に関していえば、好きなものばかり食べがちですが、アメリカの研究で「50代にタンパク質や糖分を摂取しすぎると死亡率が高まる」と報告されています。先々の健康を考えるなら、やはり50代は考えを改める時期と言えます。

 社会的にバリバリの現役であるにもかかわらず、肉体的な衰えが大きくなるのも50代直前です。白髪やしわが目立ち始めるのもこの頃で、50代半ばには生殖能力を筆頭に老化が急速に進んでいきます。逆に上がっていくのが「最高血圧」ですが、50代は血管の老化も進む年代でもあります。何度も申しているとおり、動脈硬化が招くのは脳梗塞や脳出血などの大病です。

 このように、体の衰えが顕著になり始める50代は、食生活はもとより、健康に対する考え方にいちばん注意すべき年代であり、人生で最も健康に向き合わないといけない時期と言えます。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク