水戸黄門“悪代官の極意”

「暴れん坊将軍」や「大岡越前」、そして「水戸黄門」では最多の68回ゲスト出演を誇る、時代劇に華を添え続ける悪役・内田勝正(68)。怖さと美しさを兼ね備えた“悪”の真髄を聞いた。

──悪役デビューは、「木枯し紋次郎」(72年)だそうですね。

 はい。「偽紋次郎」役をやる予定だった俳優さんが急きょ降りてしまい、その代わりに、背格好が似ていた僕にオファーが来たのがきっかけです。以降、市川崑監督が気に入ってくれて、最終回にゲスト主役にしてくれました。

──市川監督から、悪役の演技指導はありましたか?

「不自然になるから目を剥くな」ということと、「眉間のシワを取れ」と。悪役なので眉間のシワはあったほうがいいかと思いますが、「優しい顔も怖い顔もできる、ギャップがあったほうがいい」と。眉間にテープを貼りシワを取ろうとしましたが、なかなか取れるものじゃないですよね(笑)。

──以降、時代劇での悪役が急増しましたね。

「紋次郎」は新しい時代劇として業界関係者が注目していて、そこでの僕の悪役が強烈だったようで、一斉にオファーが来ました。いちばん忙しい時は2週間で4本撮り、各地の撮影所を行ったり来たり。今考えると恵まれた悪役人生のスタートでしたね。

──時代劇では、どのような悪さをしてきましたか?

 越後屋に便宜を図る家老や参謀など、主に「最後に斬られる悪」です。僕の場合は、小悪党ではなく、主役と堂々と対峙できる「悪の華」が求められていました。

...続きを読む

あわせて読みたい

アサ芸プラスの記事をもっと見る 2013年2月1日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。