忽然と消えたあのいい女を追え!(1)<シネマ女優>栗原小巻・京マチ子・渡辺典子・鷲尾いさ子…
拡大する(全1枚)

 スクリーンの向こうに、格別の光を放つ女優たちがいた。やがて映画がフィルムではなくデジタルの時代になると、役目を終えたかのように姿を消した‥‥。

 吉永小百合のファンが「サユリスト」であるのに対し、栗原小巻(73)には熱烈な「コマキスト」がいた。吉永に負けない美貌と演技力、さらに「忍ぶ川」(72年、東宝)などで脱ぐことも辞さない三拍子そろった女優だった。実は初めて一糸まとわぬ姿を披露した「忍ぶ川」も、誕生日が1日違いの吉永が断ったことで抜擢されたという“因縁”がある。

 実力も人気もありながら、このところ、テレビや映画でトンと見かけないのはなぜか。

「映画中心の小百合とは対照的に、栗原は中年になって以降、舞台だけに専念しています。95年以降は自身の事務所で舞台制作も手がけ、『欲望という名の電車』や『愛の讃歌』といった名作に取り組んでいます」(演劇評論家)

 まれに「徹子の部屋」(テレビ朝日系)などのトーク番組に登場することもあるので要チェックだ。

 戦後初のグラマラススターだった京マチ子(94)は、06年の舞台出演を最後に、事実上の芸能界引退。出演した溝口健二監督「雨月物語」(53年、大映)がヴェネツィア国際映画祭銀獅子賞を、黒澤明監督「羅生門」(50年、大映)がアカデミー賞名誉賞に輝いたことから“グランプリ女優”と呼ばれた。

 近年、表舞台に出ることはなが、14年にはピーターがハワイで合流したことを、17年には若尾文子が毎年、雑煮を一緒に食べていることを明かし、卒寿を超えてなお元気なようだ。