新垣結衣と戸田恵梨香、今年の主演ドラマで「女優明暗が逆転」の決定的理由!

新垣結衣と戸田恵梨香、今年の主演ドラマで「女優明暗が逆転」の決定的理由!

 連続ドラマとしてシリーズ化され、今年公開の映画版も大ヒットしたドラマ「コード・ブルー」(フジテレビ系)で、ともに主要な役を務めた新垣結衣戸田恵梨香は、私生活でも仲がいいという。同世代で何かと比較されがちな2人だが、これまでは、各種好感度ランキングで常に上位なこともあり、新垣のほうが人気・実力、ともに上といった印象だった。ところがこの10月クール、それぞれが主演したドラマによって、今後の女優人生の明暗が逆転していきそうだという。

 戸田が主演の「大恋愛~僕を忘れる君と」(TBS系)は、前評判はそれほど高くなかったが、毎回10%前後をキープ。最終回で過去最高の13.2%を記録し、放送後も視聴者の興奮冷めやらず、番組には絶賛する声が殺到しているとか。一方、放送開始前のある視聴者アンケートでは、期待のドラマ1位だった新垣主演「獣になれない私たち」(日本テレビ系)は、最終回で8.3%、平均視聴率も8.7%と、予想を覆す惨敗だったのだ。

 いったい、戸田の「大恋愛」が、圧倒的支持を得たのはなぜか。あるドラマライターがこう指摘する。

「『大恋愛』は、戸田の相手役に、二枚目イメージのないムロツヨシを起用。ムロ本人は雑誌の取材に、ラブコメでなく純愛もののヒロインの相手役に選ばれるとは思わなかったという内容のコメントを出していましたが、まさにその“ギャップ”が、大人の濃い恋愛を描くのが得意な大石静氏の脚本とマッチしました。また、戸田は若年性アルツハイマー病で記憶を徐々に無くしていくという悲劇のヒロインですが、随所に盛り込まれた笑える展開での戸田とムロの息がピッタリでしたね。もちろん『けもなれ』も、新垣の彼氏役に4月期の連ドラ『おっさんずラブ』(テレビ東京系)で大ブレイクした田中圭を起用し、新垣を田中と奪い合う役に昨年末、モデルの元妻の『不貞』が原因で離婚して女性ファンをザワつかせた松田龍平をキャスティング。他にも黒木華菊池凛子といった豪華キャストを配置して万全を期した。ところが、非常に丁寧に書き込んだ脚本が、むしろ毎回スッキリとしない堂々巡りの展開に見えてしまい、どんどん視聴者が離れてしまった」


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 新垣結衣 元カレ
  2. 新垣結衣 熱愛
  3. 新垣結衣 美人
アサ芸プラスの記事をもっと見る 2018年12月30日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「新垣結衣 + 美人」のおすすめ記事

「新垣結衣 + 美人」のおすすめ記事をもっと見る

「新垣結衣 + 元カレ」のおすすめ記事

「新垣結衣 + 元カレ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「篠原涼子」のニュース

次に読みたい関連記事「篠原涼子」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。