2019年「平成後」の大異変<地震・災害編>「南海トラフ大地震」で太平洋側横断「47万人被害」

2019年「平成後」の大異変<地震・災害編>「南海トラフ大地震」で太平洋側横断「47万人被害」
       

 18年の「今年の漢字」は「災」だった。深刻な台風被害に、7月の西日本豪雨、最高気温連発の酷暑‥‥。そして今年、さらに凶悪な災害の猛威が日本を襲う!!

 政府の地震調査委員会は18年2月、「30年以内に南海トラフ沿いでマグニチュード8~9級の大地震が起こる確率が70~80%に高まった」と発表。立命館大学教授で災害リスクマネジメントのエキスパートである高橋学氏が警鐘を鳴らす。

「実は地震の予測に関しては、0.5%でも学者や専門家が『えーっ!!』と驚く高さ。80%は、国が『必ず起こる』と断言しているとさえ取れる数値です。『30年以内』には明日も明後日も含まれます。私もこの19年、ないし20年の東京五輪までに『スーパー南海地震』とも呼ぶべき大地震が起きると推測しています」

 五輪開催まで約1年半として、単純計算で19年中の巨大地震の発生確率は60%超ということか。そのさまざまな証左も存在する。高橋氏が続ける。

「懸念される南海トラフ地震とは、ユーラシアプレートがフィリピン海プレートに圧迫され、跳ね上がることで起きる地震です。同様の仕組みで起きたのが、44年から46年にかけての昭和東南海地震と昭和南海地震。遺跡などの地質調査から近年明らかになってきたのですが、南海トラフ地震は70年~100年周期で繰り返されています。また、昭和南海地震の前に43年の鳥取地震や45年の三河地震が起きたように、11年の東日本大震災でも、08年に岩手・宮城内陸地震が起きている。大地震は発生3年前くらいから、前兆と思われる大きな内陸直下型地震が頻繁に起きます」


あわせて読みたい

アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「2019年「平成後」の大異変<地震・災害編>「南海トラフ大地震」で太平洋側横断「47万人被害」」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    探査船ちきゅうが南海トラフの調査に動いているんだってね。近いうちに南海トラフ地震が起きるかもしれないね。

    0
この記事にコメントする

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年1月17日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。