症状別「正しい入浴温度」がわかれば体は治る(1)わずかな温度差が症状を緩和

症状別「正しい入浴温度」がわかれば体は治る(1)わずかな温度差が症状を緩和

 日に日に寒さが増すこの時期、風呂こそが体を温め、疲れを癒やしてくれるオアシス。が、ただ漫然と入るだけでは実にもったいない。体の不調や目的によって、入り方は違うのだ。科学的な入浴法を身につけて、体を芯から健康にしたい。

 入ったとたんに立ちくらみを覚え、心臓がドキドキ。それがこの寒い季節に多発する、風呂場でのヒートショックだ。

「冬場は脱衣所が寒くなるので、入った瞬間に交感神経が刺激され、寒さでいったん血圧が上がります。そして42度以上の風呂にドボン。するとさらに交感神経が刺激されて血圧が上がり、血管に負担をかける。そうならないためには、まず脱衣所と浴室の温度を20度以上、またリビングとの温度差を5度以下にして、冬でもお湯の温度は42度未満にすること。飲酒後は血管が拡張し、一時的に血圧が下がりやすくなるため、どうしても入浴したいのであれば、最低2時間は空けることをお勧めします」

 こう解説するのは温泉療法専門医で、近著に「最高の入浴法」(大和書房)がある、東京都市大学の早坂信哉教授である。

 早坂教授はお風呂研究を始めて20年。3万人を調査してきた入浴のスペシャリストである。

「熱い風呂に入ったほうが体が温まると思っている人がいますが、まったくの勘違い。人間の体には一定の状態に保とうとする機能があり、体が温かくなるとその分、たくさん汗を出して体温を下げようとする。なので温熱効果を継続させたいのであれば、38度から40度程度のちょっとぬるめの湯につかるほうがいい。お湯の水圧により全身がマッサージされたようになる静水圧作用や、浮力作用も得られるため、基本ルールさえきちんと押さえておけば、入浴は自宅にいながらにして、健康寿命を延ばす最高の健康法と言えるのです」


あわせて読みたい

気になるキーワード

アサ芸プラスの記事をもっと見る 2019年2月4日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「アンチエイジング」のニュース

次に読みたい関連記事「アンチエイジング」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「睡眠」のニュース

次に読みたい関連記事「睡眠」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。