ギャグにもならない!桂文枝「人間国宝になりたい」発言に非難殺到

ギャグにもならない!桂文枝「人間国宝になりたい」発言に非難殺到

「どうしたら人間国宝になれるのかをみなさんにお聞きしたい。1日も早く人間国宝になれることを楽しみにしております」

 1月28日、大阪市内で行われた「上方芸能フェス」の概要発表でそう語ったのは、落語家桂文枝

「“みなさん”というのは、この会見に同席した、能楽の三島元太郎、文学の吉田和生、筑前琵琶の奥村旭翠の人間国宝3人を指してのもので、発言自体、ウケを狙ったギャグのようなものでしたが、実際のところ本気も本気、大本気ですよ」

 とはスポーツ紙演芸担当。

 文枝は上方落語協会会長を、03~18年の実に8期15年間務め、その間に「桂文枝」の名跡を継ぎ、紫綬褒章、芸術選奨文部大臣賞、菊池寛賞、旭日小綬章などを受章・受賞している。

「そのため、五代目柳家小さん、三代目桂米朝、十代目柳家小三治につぐ、落語家として4人目の人間国宝への野望実現まであと一歩とも囁かれましたが、2016年に演歌歌手の紫艶に“20年不貞”を暴露され、17年には50代女性との不貞疑惑も報じられた末、上方落語協会会長を退任。以来、話題に上ることはなくなっていましたからね」(スポーツ紙演芸担当)

 今回「人間国宝になりたい」ギャグが世間に受け入れられるはずもなく、ネットには、〈なりたい人がなるものではない。芸の本質に対して謙虚であるべき〉〈あれだけ女性関係がだらしなくても?〉〈他の人間国宝の方々と自身の行いを比較し、どう思われているのでしょう?〉などと批難が殺到したことは、言うまでもない。

 ちなみに、その不貞相手の紫艶は、騒動後の16年9月に艶系女優としてデビュー。かつてグラビアでも披露した自慢のFカップを揺らして昇天しまくるたくましさを見せている。

あわせて読みたい

気になるキーワード

アサ芸プラスの記事をもっと見る 2019年2月3日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「月亭八方」のニュース

次に読みたい関連記事「月亭八方」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「桂文珍」のニュース

次に読みたい関連記事「桂文珍」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。