松坂大輔の永住権取得で囁かれる「メジャーリーグとの密約」説
拡大する(全1枚)

 松坂大輔が2月4日、アメリカの永住権を取得する手続きのために渡米した。永住権(グリーンカード)を保有していれば、アメリカ市民と同様に生活でき、仕事の制限もなくなるのがメリット。妻の柴田倫世と3人の子供はボストンに在住しているため、これで一家そろってアメリカに住むことができるというわけだ。

 このニュースが伝わると、ネット上では「慶應卒の柴田はともかく高卒の松坂が英語できるの?」「アメリカにいても野球の仕事はないだろう」などと心無いコメントが続出。15~17年にはソフトバンクと3年12億円の大型契約を結ぶも1勝もできず、大量の松坂アンチを生んだことで暴言が集まっているようだ。そんな松坂の永住権取得について、アメリカ在住歴のあるライターが疑問を呈する。

「松坂は07年にレッドソックスと契約し、14年に移籍先のメッツを退団するまでの8年間は、著名スポーツ選手に発給される『Oビザ』でアメリカに滞在していました。長男と二女はアメリカ生まれなので米国籍も持っていますが、妻の柴田倫世と2歳でアメリカに移住した長女は、松坂の家族として『O-2ビザ』を持っていたのでしょう。しかし日本球界に復帰した時点でもはやこのビザは失効しており、松坂家はアメリカに住み続けられないはず。それなのに柴田と子供たちはボストンに住み続けており、松坂が日本に単身赴任している形です。いったい松坂家のビザはどうなっているのか、実に疑問ですね」