これも嵐効果!?「3年A組」のファンが嵐に“感謝している”ワケとは

これも嵐効果!?「3年A組」のファンが嵐に“感謝している”ワケとは

 2月3日にドラマ「3年A組 -今から皆さんは、人質です-」(日本テレビ系)の第5話が放送され、視聴率10.4%をマーク。前週の第4話ではシリーズで初めてのひとケタ台に落ち込んでいたが、すぐさま二桁台へのカムバックを果たした。同ドラマの視聴率は10.2%、10.6%、11.0%、9.3%、10.4%と推移しているが、この数字についてテレビ誌のライターが分析する。

「最近のドラマでは序盤では好調を維持しても、いったん数字が落ち始めると右肩下がりで視聴率が低迷し、最終回で爆死という例が少なくありません。それに対して『3年A組』では第4話で数字を落とすも翌週にはすぐ復活。他の4回ではいずれも10%台で安定しており、この数字が基礎視聴率になっていると言えそうです」

 そんな「3年A組」のファンからは、2020年末での活動休止を発表した嵐に対して、感謝の声も出ているという。だが、その嵐と言えば、第4話が放送された1月27日に緊急記者会見を実施。その会見映像が裏番組の「Mr.サンデー」(フジテレビ系)で放送されたことで、視聴率を奪われる元凶となったはずだ。

「嵐に限らず、何かしらの大ニュースがあれば、視聴率に影響が出るのは避けられません。ただ、『3年A組』の場合、第4話で離れたはずの視聴者が、第5話ではふたたび戻ってきた形になりました。商売の世界では、いったん離れた顧客があらためて戻ってきた場合、離反以前よりも店への顧客ロイヤルティ(愛着心)が強まると言われています。つまり『3年A組』は強力なファンを増やした形となり、そのきっかけとなった嵐は“雨降って地固まる”で言う雨の役割を果たしてくれたと言えそうです」(週刊誌記者)

 世の中、何が幸いするかわからない。

(金田麻有)

あわせて読みたい

気になるキーワード

アサ芸プラスの記事をもっと見る 2019年2月9日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「Hey!Say!JUMP」のニュース

次に読みたい関連記事「Hey!Say!JUMP」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「TOKIO」のニュース

次に読みたい関連記事「TOKIO」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「KAT-TUN」のニュース

次に読みたい関連記事「KAT-TUN」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。