橋下・小沢・安倍が改元直後に「新政権」サプライズ(4)「この先は何でもアリだ」示唆

橋下・小沢・安倍が改元直後に「新政権」サプライズ(4)「この先は何でもアリだ」示唆
拡大する(全1枚)

 自民党OBが、その内情を明かす。

「憲法改正を旗印に安倍さんと組むというのは、常に小沢さんのオプションにあったようだ。そもそも小沢さんは『反自民』じゃない。やりたいことは政権交代可能な小選挙区制の導入と改憲で、前者は民主党で政権を取った際に一度は実現させた。あとは改憲だよ」

 大連立を成立させるための「つなぎ役」が橋下氏だとすれば、「基礎工事」を担うのが小沢氏なのだ。この自民党OBが続ける。

細野豪志(47)が無所属のまま自民党・二階派入りしたのも、裏で糸を引いているのは小沢さんだよ。二階・細野の2人で決めるなんてことは絶対にない。しかし、いくらなんでも安倍さんが細野さんを拾うわけにはいかないから、かつて新生党や新進党で行動をともにした二階さんに『いろんな動きがあるから、とりあえず細野の面倒をみてくれ』と託したわけだ。細野さんの動きは安倍総理にとっても、『この先は何でもアリだ』という党内への強烈なメッセージになる。大連立への布石というわけだ」

 小沢氏は過去に、今回の大連立画策と同様のことをした経験がある。永田町関係者が回想する。

「民主党が政権を取ったあと、鳩山由紀夫氏(72)が退陣に追い込まれた。小沢はあまりの政権運営能力のなさに失望し、福田康夫元総理(82)に話をつけに行ったんですよ。『週末は地元に帰ってドブ板をやれって言っても、全然やらずにテレビにばっかり出ている。選挙をやればまだ勝てるだろうけど、そのうち政権運営が行き詰まるから、連立を組もう。民主党を丸ごと差し出すから、合体してくれないか』と。福田氏はそれにOKを出したんだが、岡田氏ら頭のカタイ連中に猛反対されて流れた経緯がある」


当時の記事を読む

安倍晋三のプロフィールを見る
アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「安倍晋三」に関する記事

「安倍晋三」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「安倍晋三」の記事

次に読みたい「安倍晋三」の記事をもっと見る

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年2月25日の政治記事

キーワード一覧

  1. 安倍晋三 Instagram
  2. 安倍晋三 twitter
  3. 安倍晋三 アベノミクス

このカテゴリーについて

国内の政治情報、首相、内閣、大臣、国会、選挙などの気になる最新ニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。