「和泉元彌×チョコプラ長田」より激似?芸人に間違えられたプロレスラーとは?

「和泉元彌×チョコプラ長田」より激似?芸人に間違えられたプロレスラーとは?

 狂言師の和泉元彌が、お笑いコンビチョコレートプラネット」の長田庄平に苦言を呈した。

 2月17日放送の「行列のできる法律相談所」(日本テレビ系)にゲスト出演した和泉は、学校での狂言公演で生徒たちから「チョコプラのネタだ!」などと言われると告白。自身のものまねを得意とする長田のほうが子供たちに知られているため、舞台がやりづらいとコボしていた。

「子供たちは狂言そのものを知らないため、長田のものまねに和泉という“ご本人”が存在することも知らないのです。それゆえ長田の『そろ~りそろ~り』というものまねネタも、子供たちにはヘンテコな声と動きの一発芸だと思われているようですね」(芸能ライター)

 ものまね芸の定番である武田鉄矢や長渕剛でも、それを観て笑っている若者たちがオリジナルのほうをよく知らなかったりするもの。同様にプロレスラーの武藤敬司も、若者にとっては芸人の神無月がまねをする人という認識だ。そして中にはオリジナルの存在自体が理解されていないケースもあるという。

「プロレスラー・長州力のコピーでものまね芸人の長州小力がブレイクした当時、プロレスに興味のない女性アイドルが番組の控室で長州と一緒になり、すっかり小力だと思い込んでしまったのだそうです。その二人を見分けるのは簡単で、長州が身長184センチと大柄なのに対して小力は160センチと相当な小柄。ただ小力の背がそこまで低いことはあまり知られていないため、そのアイドルは長州の大柄な体躯を見ても疑問に思わなかったのでしょう」(前出・芸能ライター)

 ちなみに和泉は身長170センチで長田は168センチと、こちらの二人はほとんど同じ背丈のようだ。

(金田麻有)

あわせて読みたい

気になるキーワード

アサ芸プラスの記事をもっと見る 2019年2月20日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「パンサー」のニュース

次に読みたい関連記事「パンサー」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「鈴木Q太郎」のニュース

次に読みたい関連記事「鈴木Q太郎」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「レイザーラモン」のニュース

次に読みたい関連記事「レイザーラモン」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。