ドラマ「家売るオンナ」に「イモトアヤコのスピンオフドラマが観たい!」の声

ドラマ「家売るオンナ」に「イモトアヤコのスピンオフドラマが観たい!」の声

 2月27日に放映された北川景子主演「家売るオンナの逆襲」(日本テレビ系)の第8話の視聴率が10.2%で、今回もギリギリ2ケタ台をキープ。物語も終盤戦となり過去の視聴率を振り返ってみると、初回が12.7%、その後の最高視聴率は12.9%で、「逆襲」の放送開始より毎回必ず10%台を記録している。実は、約2年前に放映されたシリーズの第1作である「家売るオンナ」では、10%を切ることもたびたびあった。

 なぜ、ここまで「逆襲」での視聴率が安定しているのか、ある業界関係者に話を聞いた。

「今回の『逆襲』でも、三軒屋万智(北川)の勤務先がテーコー不動産という設定は同じ。さらに勤め先の出演者も、今や月9女優に上り詰めた新木優子に代わって、新人2人が登場した以外にはほぼ変わっていません。やはり勝因は、松田翔太演じる万智のライバルにしてフリーの不動産である留守堂謙治という存在を作ったことでしょう。毎回、ゲスト出演者のために物件探しを手伝うという1話完結のストーリー展開ではあるものの、謎多き留守堂の正体が知りたい、という好奇心が毎回の視聴率を安定させています。他にも、万智が課長である屋代(仲村トオル)と結婚したことで恋愛の要素を作ったことも大きい」

 そして、白洲美加役のイモトアヤコの存在も忘れてはいけない、という。

「北川演じる万智が、いつどんな時でも慌てず騒がず、強気で行動する。まるでサイボーグのようなキャラ設定なのに対し、仕事も家事も育児もすべての面において適当、他人任せ、努力嫌い。テーコー不動産を辞めた後でも、しばしば万智に呼び出されてコキ使われていますが、その北川とは真逆の、“ダメダメ人間”の存在を作っていることが、むしろ視聴者を安心させ共感を得ているのではないでしょうか」(前出・業界関係者)


あわせて読みたい

気になるキーワード

イモトアヤコのプロフィールを見る
アサ芸プラスの記事をもっと見る 2019年3月6日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「深田恭子」のニュース

次に読みたい関連記事「深田恭子」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「千原ジュニア」のニュース

次に読みたい関連記事「千原ジュニア」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「有吉弘行」のニュース

次に読みたい関連記事「有吉弘行」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。