ピエール瀧、「使用薬物は不良セレブが愛用」で注目される“激ヤバ人脈”!

ピエール瀧、「使用薬物は不良セレブが愛用」で注目される“激ヤバ人脈”!

 テクノユニット「電気グルーヴ」のピエール瀧容疑者の薬物逮捕による「芸能界の激震」が収まらない。

 ここで注目すべきは、ピエールが使用していた薬物の種類である。同種の薬物逮捕は、1990年の勝新太郎(所持)や、2010年の田代まさし(共同所持)、記憶に新しいところでは、15年に所持・使用で逮捕された高部あいがいるが、他の薬物に比べてごく少数だ。

「瀧容疑者が使用していたとみられる薬物は、強い多幸感が得られるものの効果の持続時間が短く、しかも抜けがよいため、身体的な依存性は比較的低いのが特徴です。そのぶん、精神的な依存性と常用性が高いものの、コントロールしながらバレずにいる人も多いのが現実なんです」(薬物に詳しいフリーライター)

 価格が高く、特に海外では不良セレブ愛用のパーティードラッグとして使用するような性質のものとも言われている。

「日本ではここへ来て押収量が増えていますが、それでもまだ流通量は少なく、他の薬物に比べると確かなルートを持っていないと入手が難しい。瀧容疑者本人が、直接ディーラーと渡りをつけていたことはさすがにないかもしれませんが、常用していたとなると、かなりヤバい人脈の中に身を置いていた可能性が高いのでは。今回、逮捕に踏み切った厚生省の捜査当局、俗に言う『マトリ』も、そのあたりを徹底的にたどると思われます」(前出・フリーライター)

 伝えられるところでは、ふだんの瀧容疑者は、薬物を使用しているなどとは、見た目にはまったくわからなかったという。これまでバレなかったため、自分ではうまくコントロールできていると思っていたのかもしれない。多忙な仕事からのストレスが原因ではとの説もあるが、情状酌量の余地はない。

(露口正義)

あわせて読みたい

気になるキーワード

ピエール瀧のプロフィールを見る
アサ芸プラスの記事をもっと見る 2019年3月14日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「リリー・フランキー」のニュース

次に読みたい関連記事「リリー・フランキー」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「田中聖」のニュース

次に読みたい関連記事「田中聖」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「小倉優子」のニュース

次に読みたい関連記事「小倉優子」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。