伝説の「平成・春のセンバツ対決」89年「東邦VS上宮」の劇的幕切れ!

伝説の「平成・春のセンバツ対決」89年「東邦VS上宮」の劇的幕切れ!
       

 元号が昭和から平成へと改まった1989年。この年に開催された第61回春の選抜大会の決勝戦は東邦(愛知)対上宮(大阪)という大会前から評判の高い実力校同士の激突となった。

 東邦は2年連続の選抜出場。しかも前年の大会でチームを準優勝に導いた山田喜久夫(元・中日など)と原浩高によるバッテリーを筆頭に、主力メンバーが健在。対する上宮も選抜は2年連続の舞台。前年はベスト8にまで進出し、当時の主力メンバーの元木大介(読売)や種田仁(元・中日など)、小野寺在二郎(元・千葉ロッテ)といった強打者が残っていた。つまり、この決勝戦は“投”の・東邦対“打”の上宮という構図でもあった。

 決勝戦は大方の予想通り大接戦に。東邦のエース・山田を相手に、上宮は2年生ながらエースナンバーを背負う宮田正直(元・福岡ダイエー)が好投。4回を終わって0‐0という投手戦となった。

 試合が動いたのは5回。表の攻撃で上宮が1死一、三塁からスクイズで1点を先制すると、その裏に東邦も2死二塁から中前適時打ですかさず同点に追いつく。試合はここからまた両投手が好投を見せ、0行進が続いていった。こうして1‐1の同点のまま、春選抜の決勝戦としては9年ぶり12回目の延長戦へと突入したのだった。

 迎えた10回表。上宮は1死から2番・内藤秀之が右前打で出塁。2死後に4番・元木が左前打でつなぎ一、二塁とした。ここで打席に入った5番・岡田浩一が甘く入った山田の勝負球を強振。打球は横っ飛びした三塁手・村上恒仁のグラブを強襲する適時二塁打となり、上宮が待望の勝ち越し点を挙げ、1‐2とリードを許した東邦の最後の攻撃を迎えたのであった。


あわせて読みたい

アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年3月19日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。