インド人には「認知症が少ない」のはやっぱりアノ食べ物のお陰!?

インド人には「認知症が少ない」のはやっぱりアノ食べ物のお陰!?

 インド人のアルツハイマー病の発症率は、アメリカ人の約4分の1だという。やはりというべきか、そのワケはカレーにあったようだ。

 昨年「アメリカ老年精神医学会誌」にある研究が公表された。それはクルクミンという成分に、記憶力を向上させたり、幸福感を増したりさせる効果があることがわかったというものだった。「ニューズウィーク」が報じている。

 これを裏付けるような研究が、オークランド大学のグループで行われていた。このグループは抗酸化作用と抗炎症作用を併せ持つクルクミンに着目。試験管内で再現されたアルツハイマー病の脳の病変を阻止するかどうかをマウスを使って調べた。そしてアルツハイマー病にクルクミンが効果があることがわかったというのだ。

「クルクミンの成分でできているのがウコン。ウコンにも種類は多いんですが、その中でも秋ウコンのクルクミンの含有量は多い。春ウコンの5~10倍にもなります。この秋ウコンから作られるのが、カレーのスパイス・ターメリックです。クルクミンは、肝機能向上、抗酸化作用、胆汁分泌促進、胃の健康維持、消炎鎮痛、解毒などの効能を持っています」(建林松鶴堂・建林佳壮社長)

 オークランド大学がアメリカとインドの同世代のアルツハイマー型認知症の割合を調べたところ、インドでは70歳以上のアルツハイマー型認知症の患者数がアメリカと比較して4分の1程度だったことがわかったという。ターメリックは、インドでは食べ物、生薬などとして常用されている。


あわせて読みたい

気になるキーワード

アサ芸プラスの記事をもっと見る 2019年3月20日の社会記事
「インド人には「認知症が少ない」のはやっぱりアノ食べ物のお陰!?」の みんなの反応 5
  • 匿名さん 通報

    平均寿命 比較しなよ(呆) 水素水みたいなミスリード

    3
  • 匿名さん 通報

    インドでは、ボケる前に死んでしまうんだろう。

    3
  • 匿名さん 通報

    年代別の発症者でも日本が一番だろうか?高齢化率が高いので多いとは思うが、どうだろう。

    0
  • 匿名さん 通報

    日本人がボケるのは「塩分控えめ」が流行ったせいなんだよ

    0
  • 匿名さん 通報

    統計調査の母集団が分からないので何とも言えないが、インドは人口が多く 70歳以上の人口でも4500万人位はいるだろう 日米と比較しても 遜色無いのでは、と言いたいが、比率 はどうか?

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「肝硬変」のニュース

次に読みたい関連記事「肝硬変」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「糖尿病」のニュース

次に読みたい関連記事「糖尿病」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「パーキンソン病」のニュース

次に読みたい関連記事「パーキンソン病」のニュースをもっと見る

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。