広瀬すずは大丈夫か?過去のNHK朝ドラ爆死作品に学ぶ“失敗のワケ”

広瀬すずは大丈夫か?過去のNHK朝ドラ爆死作品に学ぶ“失敗のワケ”

 広瀬すずがヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「なつぞら」が順調な出足を見せている。初回は視聴率22.8%をマークし、翌日は20.8%にダウンしたものも、第3話では23.0%にV字回復。初回こそ前作の安藤サクラ主演「まんぷく」を下回ったものの、平均視聴率では五分五分となっており、NHKもほっとしているに違いない。

 その朝ドラは「なつぞら」で通算100作品となったが、過去には目を覆わんばかりの爆死作もあった。だが批判の陰には応援の声もあり、必ずしも失敗ばかりというわけでもないようだ。テレビ誌のライターが振り返る。

「朝ドラの視聴率ワースト作品といえば、倉科カナ主演の『ウェルかめ』が平均視聴率13.5%で爆死したことが広く知られています。派手な顔立ちの倉科が、徳島の片田舎で明るく頑張るという浮世離れした設定に加え、編集者という職業も朝ドラの視聴者層には縁遠い世界の話で共感が得られませんでした。ただ本作には根強いマニアもいます。その理由はなんといっても倉科のFカップバストを堪能できること。ミスマガジンで鮮烈な水着姿を披露しながら、その後はグラビア活動をフェードアウトした倉科ですが、本作では雨でズブ濡れになったシャツからアンダーウエアが透けて見えたシーンが語り草に。また最終回ではウェディングドレス姿で疾走し、ぶるんぶるんと上下動する胸がいつバイーンとハミ出るのかと、視聴者をはらはらドキドキさせたものです」


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 広瀬すず CM
  2. 広瀬すず Instagram
  3. 広瀬すず ドラマ
広瀬すずのプロフィールを見る
アサ芸プラスの記事をもっと見る 2019年4月7日の芸能総合記事
「広瀬すずは大丈夫か?過去のNHK朝ドラ爆死作品に学ぶ“失敗のワケ”」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    目線や表情だけで演じられるのが本物の女優。エロ強調は3流のやること。 宣伝、話題作りに必死な業界関係者の口車に乗せられる女優が、なんと多いことか

    1
  • 匿名さん 通報

    脱がせるのが大好きだな。

    0
  • 匿名さん 通報

    広瀬違いのツイート載せたこと反省してる?

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「広瀬すず + 人気」のおすすめ記事

「広瀬すず + 人気」のおすすめ記事をもっと見る

「広瀬すず + 映画」のおすすめ記事

「広瀬すず + 映画」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「高畑充希」のニュース

次に読みたい関連記事「高畑充希」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。