「セーラー服ソング歌謡祭」(5)90年代編“アイドル冬の時代”に散った非運の2組

「セーラー服ソング歌謡祭」(5)90年代編“アイドル冬の時代”に散った非運の2組
拡大する(全1枚)

 青春のきらめく季節だけ着ることを、そして歌うことを許されるのが「セーラー服ソング」だ。80年代以降、世の男子たちを胸キュンさせた名作の数々を一気にパワープレイ!

     *

 90年代に入ると、「アイドル」という言葉すら絶滅危惧種となってしまう。この時代に大きなセールスを記録したのはSPEEDとモーニング娘。の2組であるが、あえてアイドルという言葉を避け、ボーカル&ダンスグループにシフトしていった。

 また、この年代のリアルな女子高生は「コギャル」「ガングロ」などのイメージが強く、セーラー服で純情可憐な歌を歌うことに違和感がつきまとった。

 それでも、細々とだが「セーラー服ソング」の火は歌い継がれる。まず紹介するのは、「平成のおニャン子クラブ」を目指して結成されたチェキッ娘だ。活動自体はわずかに1年だったが、なぜか「90年代のAKB48」「90年代のアイドリング!!!」など、後輩グループと比較したフレーズが多い。

 そんなチェキッ娘の2枚目のシングル「はじまり」(98年)が、久々に現れた“胸キュンの制服ソング”だ。

「メンバーの下川みくにが卒業することに合わせて発表された感涙の名曲です。白いブラウスに赤いネクタイ、チェックのスカートという清純な女子高生ルックも新鮮でした」(アイドル評論家・織田祐二氏)

 今はアニメの世界で活躍する下川のほかにも、崖っぷちを名乗る熊切あさ美や、ディーン・フジオカの妹である藤岡麻美など逸材は多かった。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク