NHK朝ドラ100作の黒歴史(2)「だんだん」を台無しにした双子ヒロイン「マナカナ」の致命的な歌唱力

NHK朝ドラ100作の黒歴史(2)「だんだん」を台無しにした双子ヒロイン「マナカナ」の致命的な歌唱力

 広瀬すず主演の連続テレビ小説「なつぞら」が4月1日にスタート。記念すべき朝ドラ100作目として、失敗の許されない作品と宿命づけられている。その朝ドラではこれまで数々の人気女性タレントが目を覆わんばかりの爆死作品を残してきた。その黒歴史を今ここにひもとく!

     *

 ワースト4位は貫地谷しほりの演じるヒロインが落語家を目指す物語の「ちりとてちん」。本作については視聴率こそ振るわなかったものの、DVDがセールス1位になる逆転現象が注目された。

「よく練られた脚本に、ネガティブキャラを繊細に演じた貫地谷の演技力と見どころは多いのですが、なにぶん落語に興味がない人だとそのおもしろみがわからないのが難点。朝ドラとしては失敗作ですが、22時台のドラマなら成功していたかも」(テレビ誌ライター)

 そしてワースト5位の「だんだん」は朝ドラとしては唯一、三倉茉奈・佳奈という双子タレントがヒロインを務めた作品だ。

「見た目のそっくりな2人が偶然出会い、デュオを結成して歌手を目指すという物語ゆえ、茉奈・佳奈がオーディションなしで主役に抜擢されたのは理解できますが、肝心の歌唱力がなさ過ぎました。無理に双子を起用する必要はなかったのかも」(女性誌ライター)

 ワースト6位の「天花」がマークした平均視聴率16.2%は放送当時のワースト記録。ヒロインの藤澤恵麻は演技経験がなかったもののオーディションで抜てきされた。

「藤澤は一般受験で上智大に合格、在学中に女性誌のモデルになった才色兼備の美女。本来なら演技経験のなさも問題でなかったのですが、なにしろ脚本が悪すぎました。朝ドラでは珍しく恋愛ドラマの色が濃い作品でしたが、肝心の恋愛模様をまるで描けていなかったのです」(前出・女性誌ライター)

 そして、それ以上の突飛な演出の犠牲者となったのがあの女優だった──。

あわせて読みたい

気になるキーワード

アサ芸プラスの記事をもっと見る 2019年4月28日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「日曜劇場」のニュース

次に読みたい関連記事「日曜劇場」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「大河ドラマ」のニュース

次に読みたい関連記事「大河ドラマ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「朝ドラ」のニュース

次に読みたい関連記事「朝ドラ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。