「最新CMギャラ」報道でわかった女性タレント“勝ち組と負け組”とは?

「最新CMギャラ」報道でわかった女性タレント“勝ち組と負け組”とは?

 4月9日発売の「FLASH」が、今年4月からの芸能人男女200人のCMギャラを明らかにした。掲載した資料は、大手広告代理店が営業の際、クライアントに持参するものだという。

 同誌の記事によれば、女性タレントのランキング1位は5500万円の綾瀬はるか。現在11社と契約中だ。この位置は長年、大女優・吉永小百合が占めていた。CM業界も、ようやく世代交代してきているということなのだろう。吉永と米倉涼子は、5000万円で2位。石原さとみ北川景子有村架純が3500万円。続いて3200万円の尾野真千子滝川クリステル桐谷美玲深田恭子が3000万円で並んだ。

 注目は、今期NHK朝ドラヒロインの広瀬すず。昨年から600万アップの2800万円。昨年の大河「西郷どん」で隆盛の3度目の妻・糸を演じた黒木華は、400万アップの2200万円となっているところだ。

「NHKの朝ドラや大河に主要キャストとして出演すると、知名度は全国区になります。事務所は、両ドラマへの出演が決定するとすぐにスポンサーへ猛プッシュをかけるんです」(芸能記者)

 昨年CMデビューしたKoki,(「o」の上に「‐」)も、1800万から2500万円にジャンプアップした。

「メディアへの出演が多くないのにこの金額は、やはり注目の逸材だから。しかし、実は視聴者からは早くも『お腹いっぱい』の声があがっているんです。どこに出ていても母親である工藤静香の影がチラつくイメージを持たれているようで、数多くいる“2世芸能人”の1人と見られているのかもしれません」(前出・芸能記者)

 逆に大幅ダウンした中では、井上真央剛力彩芽が注目される。2500万円から1000万ダウンの1500万円。井上は事務所移籍、剛力は前澤友作社長との交際で、ZOZOカラーが色濃くなったことが原因のようである。

あわせて読みたい

気になるキーワード

アサ芸プラスの記事をもっと見る 2019年4月12日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「CM」のニュース

次に読みたい関連記事「CM」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。