秋津壽男“どっち?”の健康学「日本人の三大死因を選べるならあなたは?残された家族たちのために身の回りの整理も」

秋津壽男“どっち?”の健康学「日本人の三大死因を選べるならあなたは?残された家族たちのために身の回りの整理も」

 今回は、日本人の死因の話です。「悪性新生物=ガン」「心臓疾患」「脳血管疾患」を合わせると、3人に1人がこれらの病気で亡くなっています。ガンにかかる比率は2人に1人ですが、今は早期発見で治ります。死に至るのは、およそ3人に1人となっています。

 ではここで質問です。日本人の三大死因である「悪性腫瘍、脳、心臓」疾患について考えてみましょう。どの病気で死ねればあなたはいちばんいいと思いますか。今回の設問には回答はありません。最近は「ピンピンコロリ」などと称され、「常に元気で、ある日突然亡くなるのが理想だ」と口にする方も少なくありません。しかし、脳血管疾患にかかると、助かった場合も歩行麻痺が残ったり、運が悪いと寝たきりや植物状態になります。

 死亡率が30%とも言われる心筋梗塞や心不全などの心臓疾患も、「ポックリ」と亡くなることが多くあります。こちらは症状が出てからすぐに病院へ行き、カテーテル治療に成功すれば後遺症は残りませんが、対処が遅いとさまざまな合併症に悩まされます。

 逆にガンは「ポックリ」がありません。別の言葉で言いかえれば「余命がわかる」という利点があります。突然亡くなってしまった場合、本人は苦しくないかもしれませんが、遺された家族はとても困ります。また、患者もやり残したことがあることでしょう。

 そう考えると、もし死因が選べるなら、私はガンを選択します。余命宣告されたら人生の終わり方を考えます。最期にやりたいこと、また最期に会いたい人に会いに行きます。家族と一緒に旅行をしたり、食べたいものを食べたり、思い出の地を訪れたり、恩人や親友に感謝の意を述べます。子や孫にビデオレターを残すのも、10年20年先の明るい思い出となるでしょう。


あわせて読みたい

アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「アンチエイジング」のニュース

次に読みたい関連記事「アンチエイジング」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「睡眠」のニュース

次に読みたい関連記事「睡眠」のニュースをもっと見る

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年4月22日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。