NHK朝ドラ100本の「ヒロイン事件史」(2)<トラブル総チェック>橋田壽賀子を激怒させた安田成美

NHK朝ドラ100本の「ヒロイン事件史」(2)<トラブル総チェック>橋田壽賀子を激怒させた安田成美

 国民的女優の登竜門でありながら、実はスキャンダルの宝庫でもある朝ドラの主役。60年近い歴史から、世間を激震させた10人の美女をクローズアップ!

 朝ドラが1年のオンエアから半年サイクルになった第1作が「水色の時」(75年)で、ヒロインは高校を卒業したばかりの大竹しのぶ(61)だった。

 朝ドラは4月に始まるが、その直前の2月に公開された「青春の門」(東宝)で、大竹は々しいヌードを披露。清純さが求められる朝ドラ女優に、まさかのヌード歴ありで物議を醸したものだ。ただ、大竹は批判を意に介さず、大女優への道も歩んでいる。

 山咲千里(56)は、70年代と80年代をつなぐ「鮎のうた」(79~80年)に主演。それから十数年がたった頃、突然、こんなニュースが躍った。

〈俺は山咲千里と一晩を200万円で過ごした〉

 さる実業家が暴露したものだが、正確には2回戦の前に山咲が消えたそうで「1発200万円」の単価になってしまったそうだ。半ば都市伝説と化しているが、このニュース以降、テレビから消えたことは事実である‥‥。

 朝ドラ30作目の「よーいドン」(82~83年)に主演した藤吉久美子(57)は、17年のダブル不倫疑惑が記憶に新しい。夫・太川陽介とおしどり夫婦と呼ばれていたが、テレビ局プロデューサーとの関係が明るみに出て、太川が「それでも妻を許す」と会見したことで株を上げている。

 正確には主演ではないが、可憐なヒロインを務めたのが「心はいつもラムネ色」(84~85年)の藤谷美和子(56)だ。民放ドラマや映画、歌でも活躍したが、同時に“プッツン女優”としても数々のエピソードを残す。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 朝ドラ まんぷく
アサ芸プラスの記事をもっと見る 2019年4月25日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「朝ドラ + まんぷく」のおすすめ記事

「朝ドラ + まんぷく」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「あまちゃん」のニュース

次に読みたい関連記事「あまちゃん」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「じぇじぇじぇ」のニュース

次に読みたい関連記事「じぇじぇじぇ」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。