忽然と消えた「平成のいい女」(3)<歌姫篇>安室奈美恵は「7年前から声帯を壊していた」

忽然と消えた「平成のいい女」(3)<歌姫篇>安室奈美恵は「7年前から声帯を壊していた」

 平成が始まってすぐに、空前のCDバブル期が訪れた。100万枚のヒット曲が乱発し、多くの「歌姫」が生まれ、宙に舞い、そして去っていった‥‥。

 今年の9月でサービスを終了する「ポケベル」をフィーチャーしたドラマ主題歌がある。国武万里(51)が切々と歌った「ポケベルが鳴らなくて」(93年)がそれだ。50万枚を売り上げ、同年の日本レコード大賞新人賞にも選ばれた。

 ただし、この曲のインパクトが強かったためかヒットは続かず、一発屋に終わった。

 そしてヒットから7年後に突然、ヘアヌード写真集を発売。肉感的な肢体で一時的な話題にはなったものの起死回生には至らず、再びフェードアウトした。

 ボーイッシュな魅力が受けて、ピーク時には2年連続で横浜スタジアムを満員にしたのが永井真理子(52)だ。アニメの主題歌にもなった代表作「ZUTTO」(90年)では、翌年の紅白歌合戦にも初出場を決めている。

 ただ、絶頂期こそ低迷への扉が待ち受けている。2度目の横浜スタジアム公演で、バンドのギタリストと婚約したことを発表。横浜スタジアムでの公演は女性アーティスト初の快挙だったが、結婚と同時に人気がみるみる急降下。一時は歌手を引退して家族でシドニーに移住したが、17年から活動を再開させている。

 永井と同じくアニメ主題歌でブレイクしたのが上原あずみ(35)。長寿アニメの「名探偵コナン」(日テレ系)に楽曲が使われ、01年と02年にはチャートのトップテンを飾った。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 安室奈美恵 live
  2. 安室奈美恵 元彼
  3. 安室奈美恵 引退
アサ芸プラスの記事をもっと見る 2019年4月30日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「安室奈美恵 + 引退」のおすすめ記事

「安室奈美恵 + 引退」のおすすめ記事をもっと見る

「安室奈美恵 + 元彼」のおすすめ記事

「安室奈美恵 + 元彼」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「星野源」のニュース

次に読みたい関連記事「星野源」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。