最新版芸能界「派閥争い」大研究<ママタレ>「うの会」と紗栄子「ママモ会」が全面衝突危機

最新版芸能界「派閥争い」大研究<ママタレ>「うの会」と紗栄子「ママモ会」が全面衝突危機

 平成後半になり急速にその存在感を増したのが「ママタレ」。その覇権争いを巡って、仁義なきアピール合戦を繰り広げているのだが‥‥。

 一般的にママタレというと、テレビ番組で良妻賢母ぶりを発揮。料理のレシピを披露したり、子育てエピソードを語るなどのイメージが強いが、その主戦場はインターネットのブログだ。IT業者が明かす。

「ブログではアクセスが多いママタレにはブログ会社のスポンサーがつき、1回の閲覧でいくらと収入が入る場合や、商品の紹介で広告料が入る仕組みなど、いずれにしても閲覧数を競い合っています」

 そこで大きな役割を果たしているのが、「派閥」だ。自身のブログ内で人気のママタレが登場したり、セレブな生活ぶりを紹介すればアクセスが殺到。さらにはそのママタレの交友関係から連鎖的にアクセス数が増えるなど、いいことずくめなのだ。IT関係者が続けて明かす。

「老舗組織として有名なのが、神田うの(44)率いる『うの会』です。主要メンバーには神田と同じく、夫がパチンコ関連企業の社長である伊東美咲(41)を筆頭に、歌手の倖田來未(36)や梨花(45)、千秋(47)に加え、NHKを退職した青山祐子(46)などメンバーは多彩。とにかく金に物を言わせて、100席あるレストランを5人だけで貸し切るなど、セレブな会を頻繁に開催しています。うの本人はかつてバッシングされたこともあるだけに、インタビューでも会を仕切っていることを否定していましたが、その影響力は絶大。実際には、うのの呼びかけでメンバーが集まることが多く、その様子をブログでアップするなどして関心を集めています」


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 紗栄子 Instagram
  2. 紗栄子 ダルビッシュ有
  3. 紗栄子 前澤友作
アサ芸プラスの記事をもっと見る 2019年5月16日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「紗栄子 + Instagram」のおすすめ記事

「紗栄子 + Instagram」のおすすめ記事をもっと見る

「紗栄子 + ダルビッシュ有」のおすすめ記事

「紗栄子 + ダルビッシュ有」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「りゅうちぇる」のニュース

次に読みたい関連記事「りゅうちぇる」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。