太川陽介&蛭子能収の「バス旅」ついに復活もファンが感じた“改悪部分”とは?

太川陽介&蛭子能収の「バス旅」ついに復活もファンが感じた“改悪部分”とは?

 17年1月を最後に「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」(テレビ東京系)を引退していた太川陽介蛭子能収のコンビが、5月16日放送の「太川蛭子の旅バラ」で復活。ふたたびバス旅に挑んだ。2人がコンビを組んでバス旅をするのは2年4カ月ぶり。バス旅ファンの評価はいいようで、「やっぱり2人のコンビはおもしろい」「バス旅最高。新コンビには出せない味」といった声がSNSには上がっている。

 だが、いくつかの変更点は不評だ。

「一番不満が上がったのはナレーションです。これまでキートン山田が担当していましたが、バカボン鬼塚に交代しました。キートン山田はひょうひょうとした語り口でコンビをサポート、時には蛭子にツッコミを入れるなど、表には出ない“バス旅のもうひとつの顔”でした。交代の理由は明らかにされていませんが、田中要次と羽田圭介の『Z』はキートンと太川が担当しているので、差をつけたかったのかもしれません」(テレビ誌ライター)

 これには「違和感を覚える」「前のほうがよかった」と否定的な意見が続いた。

 さらに一番大きな変更点はタクシー利用が可能になったこと。2日間で1万円までという条件はあるものの、バスがない区間で歩かなくてもよくなった。今回はこのルールをフル活用。上限の1万円まできっちり使い、旅を成功させている。

「これは歩くのがつらくなってきた蛭子のためにできた新ルールです。蛭子はホッとしていることでしょう。ただ、視聴者にしてみると、蛭子が苦しむところが見られなくなったわけです。『他人の不幸は蜜の味』とばかりに、蛭子の苦しむ姿を見て楽しむファンもいました。そういう人たちにしてみれば、“ルール改悪”と言えるでしょう」(前出・テレビ誌ライター)


あわせて読みたい

気になるキーワード

アサ芸プラスの記事をもっと見る 2019年5月18日の芸能総合記事
「太川陽介&蛭子能収の「バス旅」ついに復活もファンが感じた“改悪部分”とは?」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    キートン山田はちびまる子ちゃんのナレーションというよりは、ζガンダムのジャマイカン・ダニンガンの印象が強いんだけどな。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「小泉孝太郎」のニュース

次に読みたい関連記事「小泉孝太郎」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「山崎弘也」のニュース

次に読みたい関連記事「山崎弘也」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「堺正章」のニュース

次に読みたい関連記事「堺正章」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。