「あまりに『いだてん』と重なる」“悩めるクドカン”コーヒーCMの裏側!

「あまりに『いだてん』と重なる」“悩めるクドカン”コーヒーCMの裏側!

 5月19日放送が前回と同様、平均視聴率が8.7%だったNHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」。4月28日の放送でついに大河史上最低の平均視聴率7.1%を記録し、5月5日の第17回放送も7.7%と微増にとどまってその後もひとケタ行進が続いている。

 NHKサイドも定例会見で「特効薬があったら逆に聞きたい」とお手上げ状態だが、その一方でますます視聴者の間で話題になっているのが、4月5日から流れ始めた「いだてん」の脚本担当の宮藤官九郎が出演する缶コーヒーのCMだ。

「タクシー運転手に扮するビートたけしと、客として乗車する宮藤がやりとりするCMですが、宮藤が仕事が進まず悩んでることを吐露する。それが大河の低視聴率と重なり、リアルそのものなんです。ネット上でも《クドカンの自虐ぶりが真に迫っている》《現実と合い過ぎてるがいつ撮ったんだ?》などと、驚きの声が上がっていますよ」(夕刊紙記者)

 確かにCMの中で、溜息混じりに「現実から逃げます」「けっこう頑張ったんだけど、書けなくて」と打ち明けるセリフの内容は、完全に「いだてん」のことを言っているのだと思ってしまうが、ある広告代理店関係者はこう明かす。

「タイミング的にラッキー以外の何ものでもありません。このCMは出演オファーが昨年の秋で、撮影自体は今年1月でしたからね。宮藤もまさか、自分が書いたドラマがここまでひどい数字を出すとは思ってもいなかったはず。ただ、あまりに不安げな演技を見るにつけ、予感めいたものがあったのかとも思ってしまいます」

「いだてん」の視聴率にスパートがかかる日は来るのか。

(津田昌平)

あわせて読みたい

気になるキーワード

アサ芸プラスの記事をもっと見る 2019年5月22日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「CM」のニュース

次に読みたい関連記事「CM」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。