女優・大原麗子の情念、救いを差し伸べた最愛の男

 麗子の映画での代表作である「セカンド・ラブ」(83年、東映)を筆頭に、激しい濡れ場は決して少なくない。ただし、生涯にわたって「全裸」になったことは1度もなかった。

 麗子の弟である大原政光は、その理由を姉に問うたことがある。

「私が恥ずかしくない胸だったら出すわよ。でも‥‥見せられるものではないから」

 おどけたように言ったが、やはりコンプレックスは感じていたようだ。

 さらに、女優生命を窮地に追いやったのが、99 年に起きた「整形事件」だったと政光は言う。

「もともと姉は片二重であることを気にしていましたが、突発的に左のまぶたを手術したんですよ」

 麗子ほどの女優が高名な美容整形ではなく「安上がりの整形外科」で切った。運悪く雑菌が入ってしまい、別人のようにまぶたが腫れてしまった‥‥。

 このため、決まっていた映画の撮影に入ることができず、女優としてのブランクを作ってしまう。

 また前年には原田美枝子主演の「愛を乞うひと」が公開され、日本アカデミー賞・最優秀主演女優賞を獲得する高い評価を受けた。母親から折檻を受け続けたヒロインが「家族の絆」を訴える作品だが、もともとは麗子が原作に感銘を受け、映画化に奔走していたのである。

 麗子自身も幼い頃から父親に暴力をふるわれ、絶縁の形をとった。こうした思いから熱望した映画化であったが、すでに“時代”は麗子を必要としなくなっていたのである。

 女優・大原麗子の年譜の最後に置かれたのは、元夫であり、生涯を通じて最愛の男であった渡瀬恒彦の「十津川警部シリーズ」だった。

あわせて読みたい

記事提供社から

この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。