飯豊まりえ、「白い巨塔」出演で一気に追い風ムードの裏にあった過去の“誤算”

飯豊まりえ、「白い巨塔」出演で一気に追い風ムードの裏にあった過去の“誤算”

 女優・飯豊まりえに、デビュー11年にして追い風が吹き始めている。

 飯豊といえば、最近では「ガスト」や「アパマンショップ」のCMに登場し、毎週土曜日朝には、情報バラエティー「にじいろジーン」(フジテレビ系)では、MCとして山口智充の横に座り、爽やかな笑顔を振りまいている。

「彼女は9歳で芸能界入りしており、もうベテランの域。身長が167センチと長身で、もともとはモデルの仕事が中心だったのですが、2012年の『世にも奇妙な物語』(フジ系)での脇役出演を皮切りに女優業にも進出。そしてこのたび、テレビ朝日系で5月22日から5夜連続で放送されるスペシャルドラマ『白い巨塔』に、主演の岡田准一演じる財前五郎の師匠、東教授の娘役をゲットしたんです」(芸能関係者)

 その番宣を兼ね、20日放送の同局の「帰れマンデー見っけ隊!!」にも岡田とともに出演。いよいよ注目度が高まり始めているのだ。

「飯豊は顔が上品で、イイトコのお嬢さんタイプ。年齢を感じさせないので、まだまだ女子高生役でもいけるし、『白い巨塔』以降はオファーが殺到しそうな気配です。逆にアクがないため、主役級を目指すのであれば世間への個性のイメージ付けをどうするかが課題でしょう」(ドラマ制作担当者)

 これまでも数々のドラマに出演している飯豊だが、イマイチ運がなかったとも言える。

「17年、彼女のドラマ初主演となった『マジで航海してます』(TBS系)では“同僚”でW主演の一方だった武田玲奈ばかりに注目が集まってしまいました。また同じ年に、映画初主演となる『暗黒女子』では、こちらもW主演の清水富美加(当時)が公開直後に芸能界引退を宣言、幸福の科学へ出家するという大騒動により、飯豊の存在は完全に陰に隠れてしまいました。そうした経緯も影響しているのか、5月17日に放送された『アナザースカイII』(日本テレビ系)にゲスト出演した際、飯豊はこれまでの女優としての不甲斐なさと反省を語り、大粒の涙まで流していましたね」(テレビ誌記者)

 令和元年は飯豊まりえにとって飛躍の年になりそうだ。

(津田昌平)

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 飯豊まりえ ドラマ
  2. 飯豊まりえ ファッション
  3. 飯豊まりえ 平野紫耀
アサ芸プラスの記事をもっと見る 2019年5月23日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「飯豊まりえ + ファッション」のおすすめ記事

「飯豊まりえ + ファッション」のおすすめ記事をもっと見る

「飯豊まりえ + 平野紫耀」のおすすめ記事

「飯豊まりえ + 平野紫耀」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「広瀬すず」のニュース

次に読みたい関連記事「広瀬すず」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。