長谷川豊“政界転身断念”なら「“あの大物芸能人”に泣きつくしかない」!?

長谷川豊“政界転身断念”なら「“あの大物芸能人”に泣きつくしかない」!?

 元フジテレビフリーアナ長谷川豊がまたもや“大失言”をやらかした。

 今夏の参院選で日本維新の会の公認で立候補予定だった長谷川。これまでツイッターやブログで精力的に政策を発信してきたが、今年2月の講演で「差別を助長する発言」を行ったとして、5月23日に同党が当面、長谷川の公認を停止にすると決めたのである。

 長谷川といえば、16年に自身のブログに投稿した人工透析患者に関するコラムで大炎上し、地上波のレギュラー番組をすべて降板した経緯は記憶に新しい。心機一転、政治家を目指すなかでの失態に、テレビ業界からもアキレ声が──。

「昔から一言多い性格はまったく変わっていませんね」とは長谷川を知るテレビディレクターだ。続けてこう話す。

「おそらく本人としては一種のサービス精神から過激な発言をしているのでしょうが、それが非常に不適切な方向にズレてしまう。トコトン反省すべきです」

 さらに「長谷川が政界転身を断念した場合、どのような形でテレビ業界に戻ってくるのか、いまから話題になっています」と同ディレクター。

「司会やトークの技術はあっても、起用してくれる番組はなかなか少ないでしょうから『“あの大物芸能人”に泣きつくしかない』と見る向きは多いですよ」

 長谷川のテレビ業界復帰を可能にする大物芸能人とは。

上沼恵美子ですよ。長谷川は“全番組降板騒動”まで『上沼・高田のクギズケ!』でレギュラーを務めていたこともあって、いまでも長谷川を気にかけていると聞きます。上沼なら自身の番組で長谷川を起用することぐらいたやすいことでしょう」

 さすが、「関西の女帝」‐。

(牧マコト)

あわせて読みたい

気になるキーワード

アサ芸プラスの記事をもっと見る 2019年5月27日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「小林麻耶」のニュース

次に読みたい関連記事「小林麻耶」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「大橋未歩」のニュース

次に読みたい関連記事「大橋未歩」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「久慈暁子」のニュース

次に読みたい関連記事「久慈暁子」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。