戦慄の「アイドル襲撃」実録60年<80年代の衝撃編>小泉今日子の非常事態を中森明菜が救った

戦慄の「アイドル襲撃」実録60年<80年代の衝撃編>小泉今日子の非常事態を中森明菜が救った

 松田聖子の登場で勢力図が大きく変わった80年代のアイドル戦線。過熱するファンは、時にとんでもない行動に出た。

 芸能レポーターの石川敏男氏が振り返る。

「印象深いのは、松田聖子(57)が沖縄公演の時、暴漢に殴られたことだね。偶然テレビ中継が入っていたから、ワイドショーでも映像を繰り返し使っていたよ」

 83年3月28日、沖縄市営体育館でコンサートを開いていた聖子が「渚のバルコニー」を歌いだすと、最前列にいた19歳の男がステージに駆け上がり、約30センチのスチール金具で聖子を急襲。必死に頭を押さえた聖子だが3発が命中、全治1週間の軽傷を負った。

 聖子は4月5日にステージ復帰するが、以降、沖縄へは24年間も訪れることができず、「渚のバルコニー」を歌うとトラウマに襲われる日が続いたという。

 聖子らの80年組と匹敵する黄金世代が82年デビュー組。そのトップにいた小泉今日子(53)は、新人歌手の登竜門だった「新宿歌謡祭」に出演中、客席から投げられた生卵が命中する事態に見舞われる。

「恐怖で固まってしまったキョンキョンをすぐに袖へ連れて行って介抱したのが中森明菜(53)です。以来、キョンキョンは明菜を唯一の信頼できる同期と認めました」(アイドルライター)

 その明菜も88年、生放送の「歌のトップテン」(日本テレビ系)で歌っている最中、侵入してきた23歳の不審者に大学ノートを投げつけられた。

「明菜がテレパシーでオレを呼んでいる」


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 小泉今日子 ドラマ
  2. 小泉今日子 映画
  3. 小泉今日子 熱愛
アサ芸プラスの記事をもっと見る 2019年6月1日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「小泉今日子 + 映画」のおすすめ記事

「小泉今日子 + 映画」のおすすめ記事をもっと見る

「小泉今日子 + 熱愛」のおすすめ記事

「小泉今日子 + 熱愛」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「真木よう子」のニュース

次に読みたい関連記事「真木よう子」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。