サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「4歳牝馬サラキアの末脚炸裂」

サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「4歳牝馬サラキアの末脚炸裂」

 天皇賞・春から安田記念まで6週続いたGI戦は、ひと休み。

 今週のメインは東西ともGIII戦。東京のそれは、エプソムCだ。エアスピネルマイルCS僅差2着)やソウルスターリングオークス)など、GI戦で勝ち負けした馬の顔もあり、なかなかの好メンバーによる争いで、見応えある好レースが堪能できそうだ。

 馬券的に荒れることはマレで、本命サイドの競馬となる傾向にある。03年に馬単が導入されて以降、これまでの16年間、その馬単での万馬券は2回のみ(馬連0回)。この間、1番人気馬は5勝(2着4回)、2番人気馬は4勝(2着3回)。1、2番人気馬のワンツー決着は3回ある。

 というわけで、穴党向きの重賞ではなさそうだ。とはいえ、競馬は水もの。人気馬を信じ切って無条件に飛びついていいものかどうか。きっちり吟味することを怠ってはいけない。

 データをひもといてみよう。おもしろいことに4歳馬が圧倒的に強く、続いて5歳馬。この両世代でほぼ決まっている。過去16年での内訳は4歳馬9勝(2着7回)、5歳馬5勝(2着6回)というのは、頭に入れておいても悪くはない。

 比較的順当に収まる重賞と書いたが、穴党としてはデータを念頭に、少々ひねってみたい。

「4歳馬が強い」ということで目に入るのは2頭。サラキアと前走のメイSで1番人気を裏切ったレイエンダだ。いずれもやや人気薄だけに、当欄としては注目してみたい。

 特に4歳牝馬のサラキアだ。この馬を中心視する。


あわせて読みたい

気になるキーワード

アサ芸プラスの記事をもっと見る 2019年6月6日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「凱旋門賞」のニュース

次に読みたい関連記事「凱旋門賞」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ジャパンカップ」のニュース

次に読みたい関連記事「ジャパンカップ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。