立憲民主党エリート候補を陥れる「ある告発」の中身(2)「補佐官が朝日新聞社に抗議」

立憲民主党エリート候補を陥れる「ある告発」の中身(2)「補佐官が朝日新聞社に抗議」
       

 怪文書には、「守衛にばれて」とある。実際、政治部記者はこう話す。

「番小屋から声が漏れて、守衛に気づかれたそうです」

 別の政治部記者の証言。

「部屋のドアが閉まっていれば壁が厚いので、声は漏れていないかも。それより番小屋には大きな窓があって、職員もしくは総理大臣補佐官をしていた寺田学衆院議員(42)が現場を目撃したと聞いた」

 永田町関係者からは、こんな話も出てきた。

「総理官邸は『ハイテク官邸』として知られるほどセキュリティが厳しい。もしかしたら盗聴されている可能性があるから、記者の詰め所では大事な話をしないというのは、マスコミの間では常識です」

 いったい、声の真偽はどうなのか。ますます謎は深まるばかりだが、「発覚」までの経緯は諸説あっても、「ばれたあと」の証言は一致している。

「寺田補佐官が朝日新聞社に抗議した」というのだ。

 総理官邸をラブホテル代わりに使われたとしたら、またはそうした噂が立つだけでも、黙っているわけにはいかないだろう。

「当事者」として名前が出た寺田議員は何と答えるのか。質問状を事務所に送ると、

「朝日新聞社に抗議したということはございません」

 と回答するのだった。

 早くも怪文書が出回る東京選挙区は、超強力なライバルがひしめいている。6年前の選挙でトップ当選した自民党の丸川珠代元五輪相(48)をはじめ、同じく自民の武見敬三参院議員(67)、公明の山口那津男代表(66)、共産の吉良佳子参院議員(36)、れいわ新選組を立ち上げた山本太郎代表(44)ら有力候補者が出馬予定。さらに国民民主党は、宇宙航空研究開発機構(JAXA)職員の水野素子氏(49)を新人候補に立てることを決意。その激戦区で立憲は、すでに擁立を発表した塩村文夏元都議(40)と山岸氏のダブル当選を狙って、6つの改選議席を争う。


アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

政治ニュースアクセスランキング

政治ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年6月8日の政治記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内の政治情報、首相、内閣、大臣、国会、選挙などの気になる最新ニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。