立憲民主党エリート候補を陥れる「ある告発」の中身(3)街頭演説を終えた本人を直撃

立憲民主党エリート候補を陥れる「ある告発」の中身(3)街頭演説を終えた本人を直撃

 山岸氏を擁立した立憲も、夏の参院選で正念場を迎える。枝野幸男氏(55)が代表を務める立憲は、小池百合子都知事から「排除」されたリベラル系の議員が集まり、17年10月に結党。「まっとうな政治。」をスローガンに掲げていたが、結党直後からスキャンダルが相次いで噴出している。

 枝野代表の盟友として知られる青山雅幸衆院議員(57)は元女性秘書にセクハラを告発され、党本部に離党届を提出。初鹿明博衆院議員(50)はタクシー内で知人女性にわいせつな行為をはたらいたと報じられた。

「最近では、立憲の山尾志桜里衆院議員(44)が、GW中に国会の手続きを経ず無断で海外旅行していたことを『週刊文春』に報じられ、批判が集まっています。18年2月には支持率15%を超えましたが、現在は3%台にまで落ちてしまいました」(政治部デスク)

 17年10月の衆院選では55議席を獲得して野党第一党になったが、身体検査は不十分なようで──。

「きちんと調べれば防止できる問題なのに、それを調べないのは甘いと言わざるを得ない。立憲民主党は参院山梨選挙区の候補に社民党の地方議員を抜擢したものの、離党届が届く前に出馬会見を行い、社民党を激怒させたこともありました。候補者にしても選挙に出馬するということはプライバシーも暴かれ、家族にも影響することを配慮していない。ただ議員バッジをつけたいがために、はやばやと立憲民主党からの出馬を決めてしまうから、問題がぽろぽろと出てくるのです」(安積氏)


あわせて読みたい

気になるキーワード

アサ芸プラスの記事をもっと見る 2019年6月9日の政治記事
「立憲民主党エリート候補を陥れる「ある告発」の中身(3)街頭演説を終えた本人を直撃」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    リベラル系じゃなくてパヨク系。

    2
  • 匿名さん 通報

    むしろアサヒ芸能の記者が、名誉毀損で訴えられそう

    1
  • 匿名さん 通報

    半島メンタル=チヨンコー、チユンコー、パヨコー、マスゴミ、なりすまし、在日反日、工作員、、、だろー。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「岡田克也」のニュース

次に読みたい関連記事「岡田克也」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「下村博文」のニュース

次に読みたい関連記事「下村博文」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「谷垣禎一」のニュース

次に読みたい関連記事「谷垣禎一」のニュースをもっと見る

新着トピックス

政治ニュースアクセスランキング

政治ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内の政治情報、首相、内閣、大臣、国会、選挙などの気になる最新ニュースをお届け中。