伝説の「放送事故」50年の再現VTR<歴史的な迷言篇>太田光が小倉智昭に痛烈な暴言

伝説の「放送事故」50年の再現VTR<歴史的な迷言篇>太田光が小倉智昭に痛烈な暴言

 一億総監視システムのニッポンにおいて、たったひと言が命取りになることは昔も今も変わらない。つい口を滑らせたあのひと言が、運命を激変させた!

 昨年11月10日、みのもんた(74)は自身が司会を務める「みのもんたのよるバズ!」(AbemaTV)にて、衝撃の発言をした。

「僕なんか正直に思うんだけど、朝鮮半島と日本が戦争したということは事実だからね」

 すぐに、他の出演者が一斉に「してないですよ」の総ツッコミ。それでもみのは「まあでも、戦争ですよね」と納得のいかない表情で持論を展開した。近年、地上波のレギュラーは激減しているが、このままではネット番組にも影響しそうだ。

 テレビ放送史に残る迷言といえば、乱一世(69)が発したワードである。

「これからCMに入るので、トイレに行きたい人は行ってもいいですよ」

 97年8月26日、レギュラーだった「トゥナイト2」(テレ朝系)での発言だ。民放がスポンサー収入によって成り立っていることを思えば、根底を覆す禁断の言葉であった。

 このことがスポーツ紙や雑誌でも取り上げられる騒動になり、乱は番組を降板。それだけでなく、他局を含めたレギュラーが全部なくなるという苦汁を舐める。

 乱はこの数年後、当時を振り返って語った。

「言った瞬間に『まずい!』と思って、番組プロデューサーに相談に行ったんですよ。するとプロデューサーは『謝罪されると空気が重くなるから、しなくて大丈夫。乱さんが言ったことだから、シャレだってわかるよ』と言われて」


あわせて読みたい

気になるキーワード

太田光のプロフィールを見る
アサ芸プラスの記事をもっと見る 2019年6月16日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「松本人志」のニュース

次に読みたい関連記事「松本人志」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「博多大吉」のニュース

次に読みたい関連記事「博多大吉」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「明石家さんま」のニュース

次に読みたい関連記事「明石家さんま」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。