ジャニー喜多川氏死去!天才が「応募でなく自ら即スカウト」した7人の顔ぶれ

ジャニー喜多川氏死去!天才が「応募でなく自ら即スカウト」した7人の顔ぶれ

 7月9日、ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長が、くも膜下出血のため亡くなった。多くのスターを育てた芸能界の父の死に、悲しみの声が広がっている。

 1975年に設立された老舗芸能プロダクション・ジャニーズ事務所には、年間およそ10万通の履歴書が届くという。小学生から高校生までの美少年たちが、“未来の”を夢見て応募してくるのだ。だが、中には応募ではなく、ジャニー喜多川社長がみずからスカウトして入所した者もいる。すでに退所している郷ひろみ、野村義男、元光GENJI・諸星和己は、そんなレアケースだ。

 現役ジャニーズでは、所属最古の近藤真彦に次いで古い東山紀之が、ジャニー氏のスカウトによって入所している。

ヒガシはお母さんがNHKの職員用理髪店で働いていたので、小学6年の時、歌番組『レッツゴーヤング』(NHK)の公開録画を、友だちと一緒に東京・渋谷のNHKホールまで観にいきました。その帰り道、渋谷のスクランブル交差点で信号待ちをしていたところを、ジャニーさんにスカウトされたのです。タレントを横に乗せた移動車からヒガシに『どこから来たの?』と声をかけ、後日レッスン場に来るよう命じたのです」(芸能ライター)

 同じく、ジャニー氏を一瞬で“落とした”のは、ジャニーズJr.SixTONES(ストーンズ)・森本慎太郎。兄は、元Hey! Say! JUMPの森本龍太郎だ。

 兄が出演していたコンサートを母、祖母、妹で観にいったあと、会場の上にあった焼肉屋で食事をしていた。すると、“普通の老人”に見えるジャニー氏が近づいてきて「龍太郎くん?」と声をかけてきた。「龍太郎は今、下でコンサートやってます」と答えると、老人は席から少し離れた場所に母と祖母を呼びだして、密談。翌日、ジャニー氏が実家に直接電話をかけて、母が好きなタッキー&翼のコンサートに招待すると同時に、慎太郎にレッスンへ来るよう促した。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. ジャニー喜多川 後継者
  2. ジャニー喜多川 東京五輪
アサ芸プラスの記事をもっと見る 2019年7月10日の芸能総合記事
「ジャニー喜多川氏死去!天才が「応募でなく自ら即スカウト」した7人の顔ぶれ」の みんなの反応 7
  • 匿名さん 通報

    他にもスカウトして入所した人がいます。 もっと調べてから記事書いたらどうですか。

    11
  • 匿名さん 通報

    死んだ奴のこと語ってどうする?そんなに偉いか?現存してるものを挙げて行くことが大事じゃないのか?一般人にとっちゃ全く関係ないし興味もないこと。

    6
  • 匿名さん 通報

    しゃぶらせたい人を手招きしただけかもよ。

    3
  • 匿名さん 通報

    ジャニー喜多川さんって、要するに「置屋の女将」の男版でしょ。

    3
  • 匿名さん 通報

    【忍者】の元リーダー 柳沢 超 (すすむ)さん も、 美容室でスカウトされてますよ。 他にも、おられますよね。 もっと調べてから、記事を書かれてほしいですね。

    2
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「ジャニー喜多川 + 後継者」のおすすめ記事

「ジャニー喜多川 + 後継者」のおすすめ記事をもっと見る

「ジャニー喜多川 + 東京五輪」のおすすめ記事

「ジャニー喜多川 + 東京五輪」のおすすめ記事をもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。