急逝「アイドル発掘王」ジャニー喜多川の遺言(1)中居だけに打ち明けた“予言”

急逝「アイドル発掘王」ジャニー喜多川の遺言(1)中居だけに打ち明けた“予言”
       

 1962年のジャニーズ事務所創業以来、たのきんトリオ、少年隊光GENJISMAPら数多のスターを輩出したジャニー喜多川社長が急逝した。プロデュース業でギネス世界記録にも認定された日本一のアイドルメーカーが伝えていた「遺言」とは‥‥。盤石に見えた「一大帝国」に綻びが見え始めた。

「どうせ死ぬなら舞台がいい。最後まで子供たちの成長を見守りたい」

 タレントと家族同然に接していたカリスマは周囲にこう漏らしていたという。

 昭和、平成にかけて多くのスターを発掘・育成し、男性アイドルの一大帝国を築き上げた、ジャニー喜多川氏(享年87)が7月9日に逝去した。死因は解離性脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血。6月18日に自宅で倒れ、緊急搬送されてから3週間後のことだった。

 スポーツ紙芸能デスクが入院中の様子を明かす。

「ジャニーさんの病室には連日、多くのジャニーズタレントがお見舞いに駆けつけ、病院の玄関前には大勢のファンが殺到する異常事態に。中でも元SMAPの中居正広(46)は、時間が許すかぎり、昼夜問わずジャニーさんに付き添っていました」

 中居だけでなく、TOKIO関ジャニ∞のメンバーらも訪れて闘病中のジャニー氏を励まし続けた。しかしその一方で、

「ジャニーズを辞めたOBもたくさん来ましたが、病室の入り口で事務所のスタッフに止められて面会はかなわなかったようです。病室に入れず、涙声で『ジャニーさん!』と大声を上げる元ジャニーズタレントもいました。実はSMAP解散の際、ジャニーさんは最も気にかけていた中居に『私はもう長くない。今辞めたら絶対に悔いを残すよ』と言って退所を踏みとどまらせた。くしくも、その“予言”どおりになりましたね」(芸能デスク)


当時の記事を読む

ジャニー喜多川のプロフィールを見る
アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「ジャニー喜多川」に関する記事

「ジャニー喜多川」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ジャニー喜多川」の記事

次に読みたい「ジャニー喜多川」の記事をもっと見る

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年7月20日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. ジャニー喜多川 後継者
  2. ジャニー喜多川 東京五輪
  3. ジャニー喜多川 結婚

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。