丸川珠代 トップ当選で発揮した「ジジ殺し」作戦

丸川珠代 トップ当選で発揮した「ジジ殺し」作戦

 7月21日投開票の参議院選挙で約114万票を東京選挙区で獲得し、トップ当選を果たした自民党丸川珠代議員(48)。その裏で意外な選挙戦術が目撃されていた。

 07年の政界入りから「女ヤジ将軍」と呼ばれる奮闘ぶりを見せた彼女は、ここにきて「次期都知事」の最有力候補と呼ばれるまでに権勢を拡大している。そんな丸川氏の権力の源泉の裏には政界随一の魔性ぶりがあった。彼女を間近でサポートするスタッフが明かす。

「丸川が有権者や自民党のお偉方の心をつかんでいる最大の武器が、ジジ殺しの色気です。先日の参院選の選挙戦でも、彼女ならではの『お色気作戦』が遺憾なく発揮されていましたね」

 トップ当選に導いた「お色気作戦」とはまさに、肉体戦略にほかならない。

「街頭演説のあと、近づいてきた高齢の男性を見るや、いきなりギュッと抱きつき、自分への支持を哀願していました。彼女のボディに魅了された男性は『アンタに入れるよ!』と、喜々として言ってましたよ」(スタッフ)

 もっぱら魔性パワーで支持を広げていることは、永田町でもすっかり有名に。

「丸川はとにかくオトコ心を知り尽くしている。有権者の男性と握手をする際は、相手の目をのぞき込むように凝視するうえ、自分からは絶対に手を離さないんです。彼女の周囲では、公職選挙法違反ならぬ『好色選挙法違反だよ』といったジョークが飛び交っているぐらいですよ」(永田町関係者)

 かつての丸川氏からはあまりセクシーさを感じないと思った御仁も少なくないだろう。だが、そのフェロモンは意外なところで発揮されていたのだ。国会担当記者が引き取って語る。


あわせて読みたい

気になるキーワード

アサ芸プラスの記事をもっと見る 2019年8月13日の政治記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「参院選」のニュース

次に読みたい関連記事「参院選」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

政治ニュースアクセスランキング

政治ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内の政治情報、首相、内閣、大臣、国会、選挙などの気になる最新ニュースをお届け中。