サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「ウインカーネリアンの一発!」

サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「ウインカーネリアンの一発!」

 ローカル夏の陣は余すところ2週。いよいよ終盤を迎えた新潟競馬の今週のメインはGIII新潟2歳Sだ。

 デビューしたばかりの若駒同士の一戦で難解ではあるが、ここ何年かを見てみると来春のクラシックをにぎわす活躍馬も出てきており、年々注目度は増してきている。今年もなかなかの素質馬ぞろいだ。

 牡馬では、馬群を割って鋭く抜け出す大人びた勝ち方で新馬戦をモノにしたシコウ、未勝利戦勝ちのセツメンノトビウオ、タイムマシン。牝馬はウーマンズハート、クリアサウンド、ビッククインバイオ、そして新馬戦を強烈な末脚で他馬を一蹴したモーベットなど、まさに粒ぞろい。

 特にモーベットは、当方としても高い評価を与えており、このまま順調にいけばクラシック級(桜花賞オークス)の逸材とニラんでいるほどだ。

 厩舎サイドでは当初、秋の東京戦を次走に据えるプランでいたが、前倒しで使ってくるのであれば、いくら穴党としても軽く見るわけにはいかない。

 いずれにしてもファン必見の見応えある競馬になること請け合いだ。

 デビュー間もないこの時期、牡馬、牝馬の間に地力の差はない。同じ斤量(54キロ)での出走となり、性差はないと判断してよい。

 02年に馬単が導入されて以降、これまでの17年間、牡馬が11勝(2着10回)、牝馬は6勝(2着7回)。牡馬がやや優勢のように見えるが、出走頭数の差で、13年の勝ち馬ハープスター(桜花賞勝ち、オークス2着惜敗)のような女傑が潜んでいるかもしれず、気にする必要はないだろう。


あわせて読みたい

アサ芸プラスの記事をもっと見る 2019年8月22日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら