芸能美女“完脱ぎ”黒歴史(3)スキャンダル連発だった沢田亜矢子の“初騒動”

芸能美女“完脱ぎ”黒歴史(3)スキャンダル連発だった沢田亜矢子の“初騒動”

 全脱ぎ写真の“漏洩”によって世間を騒がせ、人生の歯車を狂わせてしまった美女たち──。

 女優・沢田亜矢子も、そんな一人だ。

 1973年に歌手としてデビューし、79年からは日本テレビ系ワイドショー「ルックルックこんにちは」の司会を担当。お茶の間にお馴染みの顔となり、その後は女優としても順調にキャリアを重ねていた85年、写真誌「フライデー」に沢田のプライベートの完脱ぎ写真が掲載され、大変な騒動となったのだ。

「写真は、昔付き合っていた男性が出版社に持ち込んだものでした。84年秋に創刊された同誌は、この掲載号の表紙に『100万部突破』と謳い、勢いを一気に増していきました。沢田は後に、当時のことを振り返り、『怒りと絶望感と人間不信でいっぱいになった』と振り返っています」(芸能リポーター)

 知的美女としてのイメージがあるぶんだけ、そのインパクトは絶大で、仕事にも大きな影響があった。

「沢田は、スキャンダルの混乱を避けるために渡米し、約5カ月に渡って芸能活動を休止することになったんです」(芸能記者)

 しかし、89年にさらなる大スキャンダルによって、この渡米の真実が明らかになるのである。

「なんと、未婚の沢田に3歳の長女がいるというスクープが、一部スポーツ紙に掲載されたんです。沢田は急きょ、会見を開き、85年の活動休止中に、米国で極秘に出産していたことを毅然とした態度で、認めました。当然、集まった取材陣の興味は長女の父親に集中しましたが、『いっさい、言えません』と明かさなかったことから、その父親が誰なのか報道合戦が過熱し、完脱ぎ写真以上の大スキャンダルとなったんです。その長女は現在、プロのシンガーとして活躍中ですが、現在まで父親の名前は明かされていません」(前出・芸能記者)

 90年代にはマネージャー男性との結婚・離婚騒動でもワイドショーを騒がせた沢田は、07年に58歳にして初となる一糸まとわぬ姿での写真集を発売したが…。

「バストは年齢を感じさせない張りとボリュームがありましたが、ビーチでの砂まみれの写真が多くて肌見せ度は控えめ。評判はイマイチでした」(出版関係者)

 と、こちらは大きな騒ぎにはならなかった。

(露口正義)

アサ芸プラスの記事をもっと見る 2019年8月31日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。