蘇る“朝ドラ女優”の艶演技(1)闇夜の一人プレイで豪快に果てた尾野真千子

蘇る“朝ドラ女優”の艶演技(1)闇夜の一人プレイで豪快に果てた尾野真千子

 NHK朝ドラ100本目の記念作品として注目されてきた、広瀬すず主演の「なつぞら」。山口智子松嶋菜々子などの歴代ヒロインが大挙出演するオールスターによる豪華キャスティングも話題となったが、今も現役で活動を続けながら、この「なつぞら」からお呼びがかからなかったヒロインも多い。

「2004年の『天花』のヒロインだった藤澤恵麻のように“あの人は今”になっているなら、産婦人科でのワンシーンでの出演もオファーしやすかったでしょうけど、例えば『花子とアン』(14年)の吉高由里子を呼ぶとなれば、やはりそれなりの役を用意せねばならず、スケジュールやギャラの調整も難しい。出たくても出られなかった女優も大勢いたはずです」(ドラマ関係者)

 ということで、そんな彼女たちのためにも“そういえば朝ドラヒロインだった!”と、この機会にどうか思い出してあげてもらいたいもの。

「ヒロインを務めた後に、大胆にも全脱ぎした姿を披露して大人の女優へと成長していった者もいれば、最近は、デビュー直後に絡みシーンを演じて女優としての地位を確立してから、指名を受けた者もいる。朝ドラのイメージよりも、鮮烈な体を張った場面の印象が強くなった女優も数多いですからね」(芸能記者)

 例えば、「カーネーション」(11年)の尾野真千子である。

「朝ドラ出演時には、すでに“脱げる女優”として映画関係者から高い評価を得ていましたね。特に激しかったのは、朝ドラ出演の1年前、10年公開の『真幸くあらば』での、闇夜の“一人プレイ”シーンです」(映画ライター)


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 朝ドラ まんぷく
アサ芸プラスの記事をもっと見る 2019年9月13日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「朝ドラ + まんぷく」のおすすめ記事

「朝ドラ + まんぷく」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「朝ドラ」のニュース

次に読みたい関連記事「朝ドラ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「大河ドラマ」のニュース

次に読みたい関連記事「大河ドラマ」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら