三原じゅん子 恥を知れ!大臣になれない芸能過去(3)サイン写真に長い行列が…

三原じゅん子 恥を知れ!大臣になれない芸能過去(3)サイン写真に長い行列が…
       

 初の「ヘア大臣」就任は大失敗に終わったが、元国会議員政策秘書で、「官邸支配」(イースト・プレス)などの著書がある政治評論家の朝倉秀雄氏は、こう評する。

「今回の組閣では、高市早苗総務相(58)、橋本聖子五輪相(54)の二人が起用されていますが、女性議員を多く閣僚に起用したほうが世間受けはいいし、女性の支持率も上がることは間違いない。衆議院なら5回、参議院なら3回当選が入閣基準と言われる中で、三原さんはまだ当選2回。およそ70人の待機組がいるわけですから、登用が見送られたのは当然かもしれません」

 しかし、落選の理由はそれだけではなかったという。

「三原氏は3年前に24歳年下の元公設秘書と再々婚している。その前に交際していた男性も秘書として出張先に堂々と同行させるなど、公私混同ぶりをたびたび指摘された。韓国では娘の大学不正入学疑惑のある人物でもゴリ押しで法相に起用されていますが、日本では世論が許さないでしょう」(政治部デスク)

 閣僚に一定の女性枠があっても、「タマネギ女こそ恥を知れ!」と、起用は厳しいのが現実なのだ。

「ちなみに初入閣した橋本五輪相も、14年のソチ五輪の打ち上げで男子フィギュア代表の高橋大輔に抱きついたキス写真がスッパ抜かれた。元スポーツ選手の血が騒ぐのか、酔ってハメを外すことも多く、他にも乱痴気写真が出ることが警戒されている。それでも、細田派が東京五輪を前に最後のチャンス、と泣きついて入閣したが裏目とならなければいいのですが」(政治部デスク)


アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「参院選」のニュース

次に読みたい関連記事「参院選」のニュースをもっと見る

政治ニュースアクセスランキング

政治ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年9月22日の政治記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内の政治情報、首相、内閣、大臣、国会、選挙などの気になる最新ニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。