「新タメ口女王」頂上決戦(2)吉高由里子は“ズケズケ”でも慕われる

「新タメ口女王」頂上決戦(2)吉高由里子は“ズケズケ”でも慕われる

 一方、新進女優の頂上決戦を尻目に、マイペースぶりを発揮しているのが女優の綾瀬はるか(34)だ。

「共演者にあだ名を付けるのにハマッています。福士蒼汰(26)は『お福』、玉木宏(39)は『お玉チン』、木村拓哉(46)は『きむちゃん』と呼んでいました。12年に公開された映画『あなたへ』(東宝)で主演の高倉健さんと共演した時は、さすがにあだ名は封印したのですが、綾瀬のフレンドリーな距離感に、最初は高倉さんが驚くほど。でもそれがうれしかったのか、その後は一緒にコーヒーを飲みに行くほど仲よくなっていましたね」(映画関係者)

 同じくキムタクと映画「検察側の罪人」(18年、東宝)で共演し、「拓ちゃん、絵描いてよ~」とタメ口で接していたのは、女優の吉高由里子(31)だ。

「男女の先輩関係なくブレません。元歌手の安室奈美恵(41)をちゃん付けで呼んだり、芸人の近藤春菜(36)とカラオケボックスで初めて会った際には、『えっ、カラオケで御飯食べてるん?』といきなりタメ口で春菜を仰天させました」(織田氏)

 それでも慕われるのは、吉高ならではの人たらし術があるのだろう。

 19年春ドラマ「わたし、定時で帰ります。」(TBS系)で主演に起用されると、座長として現場の盛り上げ役に徹していた。

「現場の雰囲気が重くなると、共演者のユースケ・サンタマリアさん(48)に『何かおもしろいこと言って!』とムチャ振りして和ませていた。スタッフの名前と顔を覚えるのも早くて、スタッフ同士で呼び合っているあだ名をこっそり聞いている。それでいきなりそのあだ名で呼んでくるので、胸キュンしないスタッフはいませんよ」(現場スタッフ)


あわせて読みたい

吉高由里子のプロフィールを見る
アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「新タメ口女王」頂上決戦(2)吉高由里子は“ズケズケ”でも慕われる」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    鈴木亮平が吉高由里子の事を知っていて、花子とアンで一緒に共演した頃、僕の事をゴリラ

    1
この記事にコメントする

「吉高由里子 + 熱愛」のおすすめ記事

「吉高由里子 + 熱愛」のおすすめ記事をもっと見る

「吉高由里子 + Instagram」のおすすめ記事

「吉高由里子 + Instagram」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「柴咲コウ」のニュース

次に読みたい関連記事「柴咲コウ」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年9月28日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 吉高由里子 Instagram
  2. 吉高由里子 ドラマ
  3. 吉高由里子 大倉忠義

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。