平手だけじゃない!欅坂46ドーム公演、“満足度”を激増させたメンバーとは?
拡大する(全1枚)

 記念すべき瞬間を見届けたファンたちが気になったポイントとは!?

 欅坂46が9月18日、19日に初の東京ドーム公演2daysを行い、みごとに成功させている。全国アリーナツアーでは右ひじを負傷し、参加できなかったグループの絶対的エースである平手友梨奈が圧倒的な存在感を放った。

 オープニングは平手1人でステージ上に姿を見せた後にライブがスタートし、19日のダブルアンコールでは平手がソロ曲「角を曲がる」をソロ歌唱したことから、“平手に始まり、平手に終わる”といった印象を受けるライブであったことは間違いない。

 しかし、当然ながら、平手の力だけでは、ここまでファンの満足度が高いライブに仕上がることはなかっただろう。

 歌声やダンス以外の要素でライブを盛り上げるのに一役買ったのが小林由依だ。

「昨年大みそかの『NHK紅白歌合戦』では、平手友梨奈の代理でセンターポジションに入るなど、パフォーマンスの要を担う小林ですが、今回ファンの心を震わせたのはドSなアオりだ。今回のライブの終盤では欅坂のライブで最も盛り上がる楽曲『危なっかしい計画』を披露し、パフォーマンス前のアオりを小林が担当していたのですが、それこそアイドルらしい可愛らしい言葉でアオるのではなく、『まだまだ声出せんだろ』『お前ら最高』など、まるでロックバンドのコンサートに来ているのでは? と勘違いしてしまうフレーズをヤンキーっぽく叫んでいました。ただ、これがファンの心をみごとに奮い立たせ、ファンの声援や掛け声の大きさだけで言えば、この瞬間が盛り上がりの最高潮に達していたといっていいでしょう」(アイドル誌ライター)