Aマッソよりもヒドい?黒人を差別するネタ見せた吉本芸人がさらに“悪ノリ”!

Aマッソよりもヒドい?黒人を差別するネタ見せた吉本芸人がさらに“悪ノリ”!

 イギリスのメディアBBCが9月25日、日本の女性漫才コンビAマッソ」が9月22日のイベントで差別発言をしたと報じた。それは、日本人選手として初めて世界ランキング1位となったテニスの大坂なおみ選手に対してだった。

 この報道を受け、2人が所属するワタナベエンターテインメントは、〈弊社所属お笑いコンビAマッソのライブ中の発言につきまして〉と題した謝罪文を公式HPに掲載。Aマッソの加納愛子は〈笑いと履き違えた、最低な発言であったと今更ながら後悔しています〉、村上愛は〈勘違いをしていました。考えればわかるはずなのに多くの人を傷つける発言をしてしまいました〉と反省文を直筆で公表。また、大坂選手の所属事務所にワタナベエンターテインメントが謝罪したことも明らかになっている。

 そして、この件は吉本所属のお笑いコンビ「金属バット」に飛び火した。彼らの代表的なネタで、すでにライブなので公開されていた、「笑点」(日本テレビ)の大喜利になぞらえて、座布団を運ぶ場面のクダリで、「黒人が触ったもん、座れるか!」とのセリフがふたたびクローズアップされ、問題になっているのだ。実は、金属バットのネタのほうは、前後の流れを見ると、人間が無意識に持ってしまう差別意識そのものを風刺し、笑いに落とし込もうとしているようなのだが、それでも、さる放送作家は言う。

「日本人は差別発言に対して鈍感なところがあります。しかも、金属バットの小林圭輔は、Aマッソのネタが炎上した直後、自身のツイッターで《Aマッソの流れ弾でKKKが炎上してまう》と、アメリカの白人至上主義団体の『KKK』の名称まで出して、まるでこの騒動を楽しんで、悪ノリしているともとれるツイートをしています。お笑いなら何でも許される、あるいは、そんな発言で笑いが取れると思ったら大間違いですよ」

 一部メディアが、金属バットのこのツイートについて吉本側にその真意を問いただしたりと、騒動の余波はまた続いている。ともあれ、「差別発言で笑いが取れる」と思っていたとしたら、その時点で、少なくともまったく空気が読めない芸人であることは間違いないようだ。

あわせて読みたい

気になるキーワード

アサ芸プラスの記事をもっと見る 2019年10月1日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ジョイマン」のニュース

次に読みたい関連記事「ジョイマン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「かもめんたる」のニュース

次に読みたい関連記事「かもめんたる」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら