本田圭佑、監督務めるカンボジア代表が「史上最悪の惨敗」も“余裕の釈明”!

本田圭佑、監督務めるカンボジア代表が「史上最悪の惨敗」も“余裕の釈明”!

 10月10日、アジア各地でカタールW杯アジア2次予選の試合が行われた。日本代表はホームでモンゴルと対戦。6-0で快勝している。その影で本田圭佑が実質的な監督を務めるカンボジアが0-14の大惨敗を喫した。これはカンボジア代表史上、最悪のスコアだ。

「相手はアジアトップクラスの強豪であるイラン。FIFAランキングは23位でアジア一です。そんなイランが相手で、しかも、イランのホームとはいえ14点も取られてしまったのは問題ですね。チームがまったく機能していないとしか思えません」(スポーツ紙記者)

 本田は自身のツイッターでこの敗戦に触れ、〈誤魔化したような戦いをして失点を減らすよりも、現在地を全員が認識してから改善していく方が実は近道なんです。強がりと思われるかもしれないけど、事実やから〉と釈明している。

「本田が実質的な監督に就任したのは、昨年8月のこと。率いてから1年も経つのに、現在地を全員が認識していないのはおかしい。もっと前に認識させるべきです。この1年、本田は何をしていたのかと言われても仕方がないでしょう」(スポーツライター)

 現在、日本人指導者は多数、海外に進出している。柏レイソル、アルビレックス新潟、ヴァンフォーレ甲府を率いたことがある吉田達磨氏はシンガポール代表の監督を務めている。そのシンガポール代表は同日、強豪サウジアラビアに0-3で破れたが、0-14に比べれば健闘したと言えるだろう。

 前日本代表監督の西野朗氏はタイ代表の監督に就いており、この日はコンゴ共和国と親善試合を行い、1-1の引き分けに持ち込んだ。

「それに比べるとカンボジア代表の結果はとても残念ですね。惨敗で本田の指導力が疑われることになりました。監督としての評価を落としたのは間違いアリません」(前出・スポーツライター)

 選手としての評価を落としている今、本田圭佑のこれからは厳しいものになりそうだ。

あわせて読みたい

アサ芸プラスの記事をもっと見る 2019年10月16日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら