借金地獄を経験したカンニング竹山、「完済後もアコムに頭が上がらない」理由!

借金地獄を経験したカンニング竹山、「完済後もアコムに頭が上がらない」理由!
拡大する(全1枚)

 TBS系朝の情報番組が、TOKIO国分太一真矢ミキの「ビビット」から、落語家・立川志らくがメインMCの「グッとラック!」にバトンタッチされた。番組終了にともない、ビビットファミリーはみんな卒業。行く末を案じたくなる有名人もいるが、カンニング竹山に関してはその心配はなさそうだ。俳優として活躍の場を広げているからだ。

 宮藤官九郎が脚本を担当するNHK大河ドラマ「いだてん ~東京オリムピック噺~」(NHK)へ出演。国立競技場すぐそばの食堂・水明亭の店主を演じた。さらに、12月27日公開の映画「男はつらいよ50 おかえり 寅さん」にも出演。国民的俳優の仲間入りも間もなくだ。

 芸能人として安定期に突入した竹山。だが、同級生で親友の故・中島忠幸さんとコンビ「カンニング」を組んだあとの数年は、ド貧乏。多重債務者だったという。

「地元の福岡県で芸人を始めた当初はまったく食べていけず、25歳から借金地獄に陥ったそうです。浪費による借金が480万円。親が100万円を返済してくれ、難を逃れたと思ったのもつかの間。タチの悪い金融会社から『返済能力がある』と判断されて、増額キャンペーンのようなお得に見える融資を勧められました。これにまんまと乗ってしまい、全13社から500万円も借りていました」(女性誌記者)

 こうして竹山は債務整理をすることになった。博学である2人の兄から、弁護士不介在の「特定調停申し立て」を勧められ、裁判官と返済額や返済方法などを詰めた。芸人であることを理由に朝から晩までの雇用をあきらめ、「法定利息」にのっとって債務整理をした。31歳で初めて月収10万円を超えた。のちに、借金がゼロになった。


当時の記事を読む

カンニング竹山のプロフィールを見る
アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「カンニング竹山」に関する記事

「カンニング竹山」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「カンニング竹山」の記事

次に読みたい「カンニング竹山」の記事をもっと見る

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク