多くの芸人を押しのけ、本誌アンケートで堂々の3位に輝いたのが「シェー」である。言わずと知れたマンガ「おそ松くん」に登場するイヤミが発するギャグだ。文字にすれば、たった3文字のフレーズが、これほど長く人々の記憶に残っている背景には、原作者の赤塚不二夫氏の“こだわり”が隠されていたのだ。

「1960年代当時、子供だった人なら、自分のアルバムに1枚ぐらいは『シェー』をしている写真があるんじゃないでしょうか」

 こう話すのは、赤塚りえ子氏(48)。08年8月に他界した赤塚不二夫氏の一人娘である。現代美術家として活躍する一方、不二夫氏が興した「フジオプロ」の社長も務めている。

 60年代は「シェー」旋風が吹き荒れた。どれほどかと言えば、ビートルズにゴジラ、あの王貞治までもが「シェー」のポーズを公の場で披露。なんと現在の皇太子殿下も「シェー」をしたというのだから、まさに国民的ギャグなのだ。

 マンガ「おそ松くん」は62年から「週刊少年サンデー」で連載が始まった。実は、イヤミは名前すらない医者として初登場。4週後に主人公の6つ子の父親の知人である「井矢見」として再登場する。そして、連載開始から1年を過ぎた頃、イヤミのキャラも定着した。

「ある時、イヤミが驚くシーンを描くことになり、当時のスタッフと一緒に、どういうポーズがいちばんおもしろいか、いくつも試したそうです」

 いろいろなポーズが出るが、おもしろいものが出ない。疲労の色が見え始めた時、ハプニングが起きた。